現場定着の仕掛けをつくる

しくみを現場に定着させるために

様々な人材育成に関する制度・施策を実行しているのに、形骸化したり、古くなって効果が見えにくくなってきたりしていませんか?

このような状況では、せっかく制度が整理されていても、経営に貢献する人材を育成することはできません。

そこで、以下のステップで、現場に制度を展開したり、活用推進を進めてはいかがでしょう。

  1. 現場が自律的に人材育成制度を運用できるツール類を作成する。
  2. 人材育成制度の実行状況を把握し、改善し続ける。

制度を展開・推進するための仕掛けは、次のような点に注意を払いながら検討する必要があります。

  • 現場の実態を理解した上で、意義と負担を腹落ちするまで伝える
  • ネーミングの工夫、イベント性を高めるなど現場で流行ることを意識する
  • 組織/個人の両面での効果を見える化し、評価・改善につなげる
  • 実行するミドルの理解を得て、指導のための知識・スキルを得る手段・時間を与える

人材育成コンサルティングのステップ

人材力診断サービス 「しくみを作る」フェーズ

アウトプット例

お客様の声

お問い合わせWebフォームはこちらから