人材戦略をたてる

新しいビジネスを創出し、継続して成果を出すために

経営環境が激変する現在、変化に柔軟に対応し、新しいビジネスを創出し、イノベーションを興すためには、人と組織の成長を加速する人材戦略が重要です。

これからの人と組織づくりは、これまで以上に経営戦略や事業計画との結びつきを強くし、変化を敏感に捉え、中長期的なビジョンに基づいた戦略的かつ計画的な推進が求められます。そのためには、社会環境、顧客、競合、技術、ビジネス、組織、人、コアコンピタンスに対する考え方や要件を整理し、現状を正しく認識し、人材戦略として明確化する必要があります。そして、確実に実行していくためには、企業文化や組織の活性状態も考慮した施策を現場へ埋め込むことが大切です。人材育成の各施策は、この戦略をベースに具体化していきます。人材戦略は、人材育成施策の検討や進行状況の評価改善を行う際のよりどころとなります。

人材戦略立案のイメージ

人材戦略を立案するためには、以下のステップで進めます。

  1. 環境変化と経営戦略や事業計画の実現に必要となるコアコンピタンスを明確にする。
  2. 将来必要となる人材要件と人材ポートフォリオを作成し、現状とのギャップを把握し、課題を明らかにする。
  3. 課題を解決するための基本的な考え方や施策を整理する。

アウトプット例

お問い合わせWebフォームはこちらから