• ホーム >
  • KnowledgeC@fe が選ばれる理由

KnowledgeC@fe が選ばれる理由

KnowledgeC@fe は、企業や組織団体における人材育成を、研修管理やeラーニング実施の側面から強力にサポートする学習管理システム(LMS:Learning Management System)です。

クラウド(SaaS形態)でご提供しているサービスですので、ご契約後、最短1週間でサービスをご利用いただけます。ぜひ気軽にeラーニングを導入し、そして積極的にご活用ください。個人の学びを組織の学びに変えたいお客様を応援いたします。

人材育成会社ならではのノウハウ

人材育成会社ならではのノウハウイメージ富士通ラーニングメディアは、企業の人材育成をご支援するサービスを提供している会社です。
一人ひとりが成長することにより、個人の知が組織の知となり、さらに組織の知が個人を刺激するという成長のスパイラルが働くために、お客様に寄り添った最適な研修サービスを提供し強力にサポートします。


<お客様の人材育成をサポートするために提供している主なサービス>

  • 最新のICT技術からビジネススキル研修まで幅広く、カテゴリ毎にかつレベル別に体系化された無理のないコースラインナップ
  • インストラクショナルデザインに基づいた開発方法論(CDEM)によるeラーニング教材の受託開発
  • 人材育成をご支援するコンサルティングサービスの提供やタレントマネジメントと連動した人材育成

これらのサービス提供を通して培った「研修の効果を高める」ノウハウや、様々な研修運営業務の経験をもとに考え出されたLMSがKnowledgeC@feです。

豊富な実績

豊富な実績イメージKnowledgeC@feは、人材育成プラットフォームとして、様々な企業や組織団体でご利用いただいています。
その利用形態は、eラーニング一斉研修、研修管理(コースの作成から申込、受講、履歴管理など)、研修コースの販売、新入社員・入学前研修、代理店・スタッフ教育など様々です。

  • 年間20万ID以上の利用実績! ~安定したLMS~
  • 導入実績は約1,000社! ~官公庁や流通業など様々な業態の企業が利用~

詳細は「導入事例/実績」をご覧ください。

堅牢なセキュリティと安定稼動

堅牢なセキュリティと安定稼動のイメージKnowledgeC@feは、富士通のノウハウとオープン技術を融合したクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」上で稼動し、強固なセキュリティ環境で大規模ユーザにも安定したサービスを提供しています。

  1. 強固なセキュリティ

    「富士通クラウドCERT」(セキュリティを専門に扱うエキスパートチーム)が強力に支援し、クラウド基盤に対する脆弱性診断やモニタリングなどの情報セキュリティ対策を実施し、24時間365日体制で運用しています。

  2. クラウド基盤の安定稼動

    複数クラウド環境(AZ)にシステムを配置しているため、ハードウェア故障やデータセンター内の電源故障などへの影響は、最小限となります。
    クラウド基盤のメンテナンスは、動作しているシステムを他の物理サーバへ移動したうえで実施するため、利用中に停止することはありません。

  3. 拡張性の高いシステム構成

    クラウドサービスでの運営となるため、サーバーの増強などもより柔軟に拡張でき、大規模ユーザによる研修利用にもすばやく対応できます。

トレンドマイクロ株式会社の 別ウィンドウで表示「導入事例」に掲載されました。

また、情報セキュリティに関する第三者機関の認定を取得し、社内規定を整備し、PDCAサイクルを実行しています

  • 当社eラーニングサービス事業部および関連部署(システム推進部、管理部)は、SaaS型学習管理システムサービスの提供で「ISO/IEC27001:2013」の認証を取得
    ※登録番号:JMAQA-S158
  • 個人情報を適正に取り扱っている事業者に対して使用が認められるプライバシーマークの認定を取得
    ※登録番号:22000066(05)
  • 事業者やサービスを比較・評価・選択する際に必要な安全・信頼性の情報開示基準を満たしているサービスを認定する「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得
    ※登録番号:0068-0905
  • 開発システムの脆弱性評価を専門の第三者機関に依頼し、客観的にも適切なセキュリティ対策が施されていることを確認

万全なサポート体制

万全なサポート体制のイメージKnowledgeC@feでは、数十万人規模の大規模案件や様々な業務に対する研修運営実績があり、数多くの事例から得られた知見やノウハウがあります。多数の案件を手がけてきた専任部隊による手厚いサポートは、多くのお客様にご好評いただいております。

経験豊富な専門スタッフ(システム運用、ヘルプデスク)により、スムーズなシステムの構築・運用および、受講者向けヘルプデスクと連携を図ることによって、受講者およびお客様管理者様の負荷を軽減するようなしくみや体制をとっておりますので、各スタッフが連携しながら対応し、お客様の人材育成をサポートしていきます。

多彩な機能

KnowledgeC@feは、お客様の人材育成をサポートするために多彩な機能をご用意しています。

  • 多彩な機能のイメージソーシャルな学びで、互いに学びあい、ともに成長

    自身の気づきを仲間とシェアする、他者の気づきを通じて学びの深化を実現する、おススメコンテンツを他者にレコメンドするといったソーシャルな学びを取り入れ、互いに学びあい、ともに成長していくことができます。

  • 学習履歴の詳細な分析

    学習者の履歴について、学習の細かい進捗率やテストの実施結果詳細、アンケート回答内容など、粒度の細かい情報を表示/ダウンロードすることができます。このデータをもとに、提供した学習内容の分析が細かく行えると好評です。

  • 学びのライフログ/学習ポートフォリオ

    eラーニングだけでなく、学習者のあらゆる学びの結果を記録し、学びのライフログを蓄積します(TinCan*1による)。学びのライフログをビッグデータとして分析し、学習ポートフォリオ化することで学習者を支援いただけます。

詳細は「KnowledgeC@fe の特長」をご覧ください。

*1:TinCan(正式名称:Experience API)」とは、多種多様な学習活動の履歴(行動ログ)を記録・検索・抽出するための仕様です。


多彩なコンテンツ

多彩なコンテンツのイメージKnowledgeC@feは、お客様が開催する集合研修やeラーニングコンテンツでのご利用だけでなく、富士通ラーニングメディアで開催している1,500以上の集合研修やeラーニングコースをご受講いただくことも可能です。(ご受講料は別途)

eラーニングコンテンツは、お客様のご要望に応じたコンテンツの制作を、当社インストラクショナルデザイナやSCORM技術者(※)など、専門スタッフがオーダーメイドで開発することも可能です。

※ SCORM技術者:
代表的なeラーニングの標準規格であるSCORM規格に関する問題解決能力を有する者をいい、その知識やスキル、経験について確認する目的で付与されるのが、SCORM技術者資格です。このSCORM技術者資格は、特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアムが認定します。


※ KnowledgeC@fe は、特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアムの「SCORM適合LMS」に認証されております。

eラーニングコースのご紹介:eラーニングコースのご紹介
eラーニング制作のご紹介:eラーニング制作のご紹介