1. ホーム >
  2. ブログ ~人材育成最前線~ >
  3. 【いま、求められる人材】研修効果を向上させる個別評価とフォローアップ★個別フォローアップが、個人に応じた気づきにつながる

【いま、求められる人材】研修効果を向上させる個別評価とフォローアップ★個別フォローアップが、個人に応じた気づきにつながる

[2012年11月15日]

みなさん、こんにちは!富士通ラーニングメディアの五十嵐です。
主に、研修の企画・設計を担当しています。

私は、2011年に半年間、インターンシップでイギリスのグローバル企業(Z社)に所属しました。
帰国後、私は、このインターンシップ経験で得たことを業務に活かしたいという想いから、当社の活動の1つである「プロジェクトマネージャの研修における評価とフィードバック」に取り組みました。
今月は、この取り組みから得た気づきについてお伝えしています(毎週木曜日掲載)。

前回は、「なぜ、プロジェクトマネージャの研修にフォーカスをあてたか」をお話しし、フォローアップの手順についてご紹介しました。
3回目の今回は、実際にフォローアップを行った成果についてお話しします。

<『非常に満足した』『良い機会になった』と、満足度アップ!>

本取り組みの対象となったコースの受講者による、受講後のアンケート結果を検証したところ、コース受講に対する満足度が上がりました
また、以下のような感想が寄せられました。

●講師と個別に面談をして、考え方・理解度を意識しながら進められたのが大変よかった。
(20代・男性・システム開発経験3年、プロマネ未経験)

●受講者の主体性を重視した学習工程に対し、非常に満足した。
(40代・男性・プロマネ経験2年)

●シミュレーションを通して、プロジェクトのリスクの本質まで深堀して考える良い機会になった。
(30代・男性・プロマネ経験3年)

次に、本コースの受講者のうち、2名様の事例についてご紹介します。

<事例1:最初は「リスク計画表」に何も書くことができなかったAさんの場合>

プロジェクトの計画段階でのインタビューで、Aさんの「リスク計画表」は白紙でした。
講師が「なぜ、何も書けていないのでしょうか?」と質問をしたところ、Aさんは、「リスクマネジメントの目的や意味は理解しています。でも、仕事でリスクマネジメントを担当した経験がなく、リスク要因を挙げることができませんでした」と答えました。

そこで、講師はリスク要因について具体的な事例を挙げて説明をしたところ、2回目以降のインタビュー実施時には、計画段階のリスクを詳細に書き出せていました。
さらに、実行段階でも、リスクに注目したマネジメントができていました。
----------
インタビューをしたことで、Aさんのつまずきに早い段階で気が付くことができ、その後の受講効果に大きな改善が見られました。

Aさんの事例からは、次のことが分かりました。
・1回目のインタビューでアドバイスした事項を、その後の実践で活用できているかを、2回目以降のインタビューで確認することが重要である。
継続して確認することによって、受講者自身にとっても、自分の理解度の深まりを意識することができ、有効である。

<事例2:SE経験2年。発言できなかったBさんの場合>

Bさんは、SE経験が浅く、プロジェクトマネジメントのフローも十分には理解していない受講者でした。

最初のインタビューで、講師が「あまり発言をしていないようですね」と声をかけたところ、Bさんの答えは、「そうなんです。経験があまりないため、自分の考えに自信がもてないのです」というものでした。
そこで講師は、「これは研修です。失敗してもよい場です。何も発言をしないと、一緒に組んでいるチームのメンバーに、Bさんが何を考えているかが伝わりませんよ。質問でもよいから発言をしてみてください」というアドバイスをしました。
それをきっかけにBさんの発言は少しずつ増えていきました。

Bさんの最終的な気づきは、「自分のプロジェクトマネジメントのスキルを高めるにあたり、積極性が不足していることがわかった」というものでした。
さらに、「質問をしなければ、当たり前のことをこなすだけの業務にとどまっていたかもしれず、成長のチャンスを逃していたかもしれない」という気づきもありました。
そして、職場に戻ってからのアクションとしては、「マネジメントにチャレンジしたい気持ちがあることを、積極的に周囲の人にアピールして、マネジメント経験につながる役割を得られるよう、働きかけていきたい」ということでした。
----------
このようなBさんの気づきは、本コースの本来の目的とは異なりますが、Bさんにとっては、とても有意義な気づきになったと思われます。
積極的になったBさんが、職場で今までとは異なる役割を得て、成長していく姿が想像できるようでした。

20121114_

<効果につながる研修のキモは、「見える化」と「フォロー」>

今回の検証から、マネジメントスキルのような、「できる・できない」「理解した・理解していない」という基準での評価が難しい分野であっても、以下の3点に留意することで、1人1人の業務経験や立場、状況にあわせた気づきが得られる研修にできることが示されました。
・受講者1人1人について、今の状況や理解度を「見える化」すること
・個別にインタビューを実施し、評価とフォローをすること
・上記の2項目を繰り返し実施すること

なお、本取り組みの成果を論文にまとめ、10月3~5日にハワイで開催されたProMAC(プロジェクトマネジメント学会が主催するプロジェクトマネジメントに関する国際アカデミックカンファレンス)にて発表しました。
次回は、学会当日の雰囲気や、学会に参加することによって得た気づきなどをお伝えします。

※次回は11月22日にお届け予定です。
更新は、当社のメールマガジン『KnowledgeWing通信』でお知らせしています。
お見逃しのないように、ぜひ、メールマガジンへご登録ください。
http://www.knowledgewing.com/kw/nurture/mailmag.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【毎週水・金曜日】無料相談会を開催中
本記事における個別評価とフォローアップを活用した研修についても、ぜひご相談ください。
http://www.knowledgewing.com/kw/event/2012/jconsul2012.html?banner_id=kw_182
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月別アーカイブ