1. ホーム >
  2. オンライン(ライブ配信)コースのご案内 >
  3. 接続方法のご案内(当社オリジナルコース)

オンライン(ライブ配信)接続方法のご案内(当社オリジナルコース)

事前準備(ビデオ会議ツール) 事前準備(PC実習) 受講までの流れ

当社オリジナルのオンライン(ライブ配信)コースの受講は、コースによって接続パターンが異なります。

接続パターン"
接続パターン1 電子教材のご案内 接続パターン2 接続パターン3 接続パターン4

ご自身の受講されるコースがどのパターンに該当するかは、コース概要ページの"関連情報"、または「ライブ配信対象コース別接続パターン一覧」(PDF)でご確認ください。

ライブ配信対象コース別接続パターン一覧[2021年上期版]
ライブ配信対象コース別接続パターン一覧[2021年下期版]
提携先コースはコースによってオンライン(ライブ配信)の接続方法が異なります。
コース概要ページの注意事項でご確認ください。

(1) 受講事前準備について【接続パターン:1~4のビデオ会議ツール(共通)】

受講イメージ講師の映像、音声、PC画面やディスカッションや発表など受講者の映像、音声、PC画面を配信するため、受講前にPCやヘッドセット、ビデオ会議ツールなどをご準備ください。

【必須環境(基本セット)】
□PC
□ヘッドセット
□Webカメラ
□ビデオ会議ツールのアプリインストール
ビデオ会議ツールは、Cisco WebEx Meetings または Zoomになります。
どちらのツールになるかは、コースお申し込み後、メールにてお知らせいたします。
□Windows8.1以降のOS
□HTML5対応ブラウザ(Internet Explorer11、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edge)
□ネットワーク回線(無線または有線)
必須環境をご用意できるかご確認のうえ、お申込みください。
【推奨環境(任意)】
上記必須環境に加え、追加ディスプレイ、筆記用具をご用意いただくとより快適に受講いただけます。
また、ネットワーク環境は有線接続の方が安定しやすいです。
【接続方法】
開始の2営業日前および受講当日の朝に、下記の手順書に基づき接続をお願いします。
ビデオ会議ツール(Cisco WebEx Meetings版)操作手順書
ビデオ会議ツール(Zoom版)操作手順書

(2) PC実習を行うための事前準備について【接続パターン:2~4の実習環境】

PC実習は当社が準備した環境で行います。一部の個別接続コースを除き、HTML5対応のブラウザを起動して、実習用環境へ接続するだけです。

接続パターン2(SSL-VPN接続) 接続パターン3(クラウド接続) 接続パターン4(個別接続)

接続パターン2:ビデオ会議ツール + SSL-VPN接続 (※2021年3月末で提供終了)

SSL-VPN接続コースは、2021年4月から「接続パターン3」のクラウド接続に変わりました!
シンクライアント端末を利用されているなどの理由で、今までSSL-VPN接続ができなかった方も、これからは安心してマシン実習いただけます。
※実習用環境へ接続するためのソフトウェアなどのインストールは不要です。


接続パターン3:ビデオ会議ツール + クラウド接続

ビデオ会議ツールに加え、マシン実習を行うため、クラウドに接続するパターンです。
HTML5対応のブラウザを起動して、実習用環境へ接続するだけです。
クラウド接続イメージ"
【必須環境】
□HTML5対応ブラウザ(Google Chrome、Firefox、Microsoft Edge)
上に記載以外のものでも、HTML5対応のブラウザであれば問題ありません。
【確認方法】
でじっとHTML5対応ブラウザで以下のリンクへアクセスします。
ユーザ名:testuser、パスワード:testuserでログインし、"でじっと" (子ども向けプログラミングスクールのマスコットキャラクター)が表示されれば接続テストは完了です。
※接続テスト完了後は、ブラウザのタブを閉じて切断してください。
確認用サイトへ
【実習環境操作方法】
受講当日、講師が操作方法をご案内いたします。
※操作する実習環境の情報は、接続が必要なタイミングで、講師またはライブ配信担当者からお伝えします。
実習環境の操作方法を事前に確認する場合には、下記の手順書をご覧ください。
実習環境接続操作手順書

接続パターン4:ビデオ会議ツール + 個別接続

基本的には、受講当日、講師が個別に実習用環境への接続方法をご案内します。

受講までの流れ

受講までの流れ"
1.事前確認・お申込み
お申込み前に、必要な機器やビデオ会議ツールのインストールが可能か、必ずご確認ください。
2.電子教材情報連絡
電子教材を使用するコースは、3営業日前に、電子教材(KnowledgeR@ck)の情報をメールでご連絡します。
電子教材(KnowledgeR@ck)のご案内
3.実施詳細連絡
2営業日前に、ビデオ会議ツールの情報(接続先URL、ミーティング等)をメール(講習会受講票)でご連絡します。
4.前日準備、確認
PC、周辺機器の確認、ビデオ会議ツールアプリのインストール・接続確認を行います。
電子教材を使用するコースは、あらかじめダウンロードしておきます。
5.受講
講習会開始前に、3.のメールに記載されているミーティングID、とパスワードで接続します。
講習会開始の30分前から接続確認可能です。
教材は事前にダウンロードした電子教材を使用します。
マシン実習があるコースも、ブラウザから接続するだけです。
実習環境の操作方法は、受講当日、講師がご案内します。
※1 個別接続について
個別接続(接続パターン4)の場合、基本的には、受講当日、講師が接続方法などをご案内します。
なお、一部コースについては、個別にメールでご案内します。
上記は、当社オリジナルコースの流れになります。
提携先コースはコースによって、メール配信のタイミング等が異なります。