1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. システム運用入門 ~運用起点でITサービスを考える~

初めてのシステム運用!運用の役割、重要性、トラブル対応も分かる「システム運用入門 ~運用起点でITサービスを考える~」

システム運用業務に対して、監視、トラブル対応、保守といった地味なイメージを抱く方もいるかもしれません。しかし、近年は新規のシステム開発が減り、既存のシステムをいかに効率よく改良していくかが注目される時代です。企業にとって、システム運用業務が重要な役割を担っています

本コースは、現場経験の少ない方のための、システム運用の入門コースです。
「システム運用ってなぜ必要なの?」「どんな仕事があるの?」「どんな人と関わっているの?」「どういう技術が必要なの?」など、初歩的なことを分かりやすく解説します。

人気コース「基礎から学ぶシステム運用管理・実践トレーニング~障害管理、変更管理、SLAなど~」が“実務経験あり”の方を対象としたコースなのに対し、本コースは“実務経験なし”の方にもご受講いただけます。

開催日程・コース概要を見る すぐ申込み(日程選択)
(注)上記ボタンをクリックすると画面は別ウィンドウで表示されます。
選ばれる3つの理由

理由1:システム運用の初歩

システム運用の経験がなくても理解できる入門コースです。新入社員、入社1~3年目で業務経験の少ない方でも理解しやすいように、日常生活の中で、ICT化されている業務を知るところから学習します。

運用の現場での関係者を知り、システム運用の大切さを学び、徐々に理解を深めていきます。

理由2:日常生活からシステム運用がイメージできる

システム運用で、「こうあるべき!」「技術的に仕方ない」「でもお客様が・・・」と考え込んでしまうと、人も仕事も萎縮してしまいます。
あえてシステム運用と離れ、日常生活の身近な事柄を題材にした演習を行うことで、結果的にシステム運用に応用して考えられるようになります。

理由3:モチベーションアップにつながる

システム運用業務について、監視やトラブル対応だけをしているようなイメージを感じている方にとって、意識改革につながる内容です。
本コースを学ぶことによって、「もっと運用を勉強したい」「新しい技術を修得したい」などとモチベーションアップにつながります。


お客様の声
  • 身近な例で考える演習など、非常にわかりやすい研修だった。
  • グループワークが多く、楽しんで学ぶことができた。
  • 初心者でもわかりやすい内容だった。また、演習をとおして運用部門のことが理解できた。
  • 「入門」というコース名のとおり、理解しやすい内容だった。運用に携わることの意義や利点など、運用に対する心構えも学べた。
  • システム運用とはなにか、システム運用に対する考え方など、深く学ぶことができた。
講師からのメッセージ

「障害対応ばかりでおもしろくない」
「同じ仕事の繰り返しでスキルアップできない」
システム運用業務について、こんなイメージをもっていませんか?

講師イメージ今、システム運用は企業におけるITの要です。
創造的でチャレンジングな仕事、IT運用の原点を探ります。

入社1年~3年目、システム運用業務経験の少ない方、ぜひ受講してください。
「運用って楽しい!」と意識が変わります。


コースコード コース名 期間
UAW74L システム運用入門 ~運用起点でITサービスを考える~ 1日間
開催日程・コース概要を見る すぐ申込み(日程選択)
(注)上記ボタンをクリックすると画面は別ウィンドウで表示されます。