成長を促す取り組み

成長を促す取り組み

社会人としての「マインドチェンジ」を行い、やがて仕事をする意味や価値などにつなげていき、目指す人物像を具現化、プロフェッショナル として成長を続ける人材へと成長させていきます。富士通ラーニングメディアでは、各コースで、次のような取り組みを行っています。

成長を促す取り組み

スピーチトレーニングスピーチトレーニング  規定時間内に、自分の考えや意見を相手にわかりやすく伝えるトレーニングです。ビジネスシーンにおける立ち振る舞いや、人前で話す時の言葉遣いなどを意識しながら実施します。
ビジネススキルトレーニングビジネススキルトレーニング  マナーやコミュニケーションなど、ビジネスパーソンの基本動作の会得を目的とします。研修で学んだスキルを使い、ケースに応じたトレーニングを実践します。
KPTによる振り返りKPTによる振り返り  研修で行った作業の改善活動です。グループで継続すること(Keep)、課題(Problem)、改善への取り組み(Try)について日々話し合います。
リフレクションレビューリフレクションレビュー  実務として活用できるレベルの知識定着を目的とし、重点的に行っている学習項目を自分の言葉で解説できるよう訓練します。聞く側も解説に対する意見を述べることで、相互理解を深めます。
ビジネススキルチェックビジネススキルチェック  研修開始時と終了時に「ビジネススキルチェックシート」で自己スキルを評価し、受講前後を比較して成長度合いを確認します。終了時のチェックで不安が残るスキルについては、明確な達成目標に向けて繰り返し学習を行います。

受講者の成長を把握する取り組み

受講者の成長を把握する

日々の受講者の様子をご確認頂いたり、教育ご担当者様からフィードバックする仕組みをご用意しております。 さらに、研修終了後には講師による各受講者個人に関しての報告資料を発行します。

各コース内での受講者の成長を把握する取り組み
日報日報  受講者は毎夕、Webシステム(※1)で「新人研修日報」を入力します。受講者の成果や所感を育成ご担当者様が毎日ご確認いただけます。
理解度テスト理解度テスト  コース終了時にテストを実施し、知識の定着度を測定します。一部のコースでは研修の前後にテストを実施し、スキルの伸びを確認します。
個人カルテ個人カルテ  理解度テストやスキル測定の結果、講師による評価コメントを視覚的にまとめたものです。受講者1人ひとりに発行します。(※2)
成果発表会成果発表会  受講者が研修の成果を発表する機会です。受講者の成長した姿をご覧いただけます。受講者自身で発表資料を作成し、発表方法を考え、研修の成果をプレゼンテーションします。

※1・・・Webシステムについては以下「受講管理システム」にてご確認いただけます。
※2・・・個人カルテについては以下「個人カルテ」にてご確認いただけます。

受講管理システム

オープン新入社員研修でご利用いただける専用のWebシステムです。
育成ご担当者様は受講者の受講状況をリアルタイムに閲覧でき、ダウンロードも可能です。 上記でご紹介した日報、理解度テストがご確認いただけます。その他、タイムカード、受講報告書、掲示板が使用できます。

受講管理システム

  • 出勤・退勤の時刻が確認できます。
  • 各コースの終了時に、育成ご担当者様宛てに提出します。コース全体の成果や気づきが確認できます。
  • 育成ご担当者様と受講者で文字コミュニケーションができます。一対一や一対多で閉じた環境のため、安心して利用できます。

※受講形式(集合、ライブ)で実施する取り組みに違いはありません。

個人カルテ(イメージ図)

研修全体の受講成果を確認する事が可能です。受講者一人ひとりの研修全体の受講成果をまとめてありますので、配属時の育成方針の検討などにご活用ください。
※カルテの内容はコースによって異なります。

個人カルテ

個人カルテの主な観点
  • 研修実績

    研修実績
    理解度テストやスキル測定の結果、課題進捗(定量評価)

  • 受講者による自己成長評価

    受講者による自己成長評価
    基本動作および知識・技術の定着度実感(定量評価)、演習成果報告、意識の変化など(定性評価)

  • 講師による評価

    講師による評価
    SE基本動作の発揮(定量評価)、育成における気付きや所感(定性評価)

育成ご担当者様の声

毎回リフレクションレビューがあることによって、発表者であってもそうでなくても、積極的に復習する時間が増えて良かった。また、自分の言葉で発表することで知識の定着につながった。

個人カルテの結果が的確で研修後の業務に生かせる情報を得ることができており、社内の配属においても役立っています。

 
トップに戻る