1. ホーム >
  2. 資格取得対応コース >
  3. ITIL®認定資格

ITIL®認定資格

ITIL®(Information Technology Infrastructure Library)とはITサービスマネジメントのベストプラクティス集のことで、ITサービスマネジメントの世界的な業界標準として普及しています。
ITIL認定資格取得のための学習を通じてITサービスマネジメントの知識が身につきます。特にシステム運用管理業務に活かすことができ、ITサービスの品質を向上させることができます。

2011年に「ITIL2011edition」がリリースされた後、急速にITが進化し、デジタル・トランスフォーメーション時代が到来しました。劇的に変化するビジネス環境の中、企業には適切なITサービスをタイムリーにマーケットに投入し、継続的に安定運用していく姿勢が求められています。
そのような時代背景の中、2019年2月に最新バージョン、ITIL4ファンデーションが公開されました。
ITIL4では、これまでの「ビジネスに価値を提供する」という観点から、 DXやビジネス環境変化に適切かつ柔軟に対応し、「ビジネスの価値を共に作り出す」という上位の観点に踏み込んでいます。
そのため、ITILv3ではどちらかと言うとサービスプロバイダ側の視点で実務的であったのに対し、ITIL4では事業戦略や計画などの上流活動を始めとして、いかにサービス価値を提供するかという、より上位の視点でのとらえ方が求められており、概念的なものも多々含まれています。
なお、これまでのITILv3の知識は、ITIL4のより深い理解を促す手助けになることが期待できます。

資格の詳細・最新情報については、予告なく変更される場合があります。
それに伴い、コースの提供変更・中止などの可能性があります。あらかじめご了承ください。
資格詳細情報および最新情報については、AXELOSのWebサイトをご参照ください。

ITIL4

下図は、ITIL4での認定資格体系です。
基礎資格としてFoundation、上位資格としてSpecialist(3種)、Strategist、Leaderがあります。
さらに取得した上位資格に応じて、MP(Managing Professional)、SL(Strategic Leadership)が認定されます。
MPとSLの2つの認定は、Master認定の前提条件のひとつです。
※ Master認定の詳細は明らかになっておりません。

現在、Foundationのみ日本語試験がリリースされております。(上位資格のリリースは未定です。)
ITILV3(2011)で17クレジット以上保有する方は、MPT(Managing Professional Transition)を受講および試験に合格すれば、MP資格に認定されます。
なお、ITILV3(2011Editon含)からITIL4へのFoundationブリッジ試験はありません。

ITILの認定資格体系図
Copyright © AXELOS Limited 2019. Used under permission of AXELOS Limited. All rights reserved.

Foundation資格

ITサービスマネジメントの認定資格を得たい方が最初に取得する認定資格です。資格試験のための学習を通じてITサービスマネジメントの基礎を学ぶことができます。
上位資格を取得したい方は、Foundation資格が必須条件となります。

推奨コース

ITIL4
資格試験名 コース
コード
コース名
ITIL®4 Foundation UAX43L ITIL4ファンデーション認定コース
UAW01D ITIL4ファンデーション(オンライン試験つき)(eラーニング)
Managing Professional Transition UAX56L ITIL4マネージングプロフェッショナル移行コース

ITILv3(2011edition)

下図は、ITILv3(2011edition)での認定資格体系です。
Foundation、Practitioner、Intermediate、Expert、Masterがあります。

(※)試験配信事情により、2021年3月までに提供中止となる可能性があります。
ITILの認定資格体系図

Foundation資格

ITサービスマネジメントの認定資格を得たい方が最初に取得する認定資格です。資格試験のための学習を通じてITサービスマネジメントの基礎を学ぶことができます。認定試験に合格すると2単位を取得できます。
上位資格を取得したい方は、Foundation資格が必須条件となります。

Practitioner資格

FoundationとIntermediateの間の位置づけとなる資格です。個人が組織内でITILを採用し適応させる能力を備えていることを認定するものです。
認定試験に合格すると3単位を取得できます。

Intermediate資格

より専門的な知識習得の証明となります。Foundation資格を保持していることが受験条件です。さらに、ライフサイクルとケイパビリティの各専門分野から認定教育コースを受講し試験に合格することによってIntermediate資格が認定されます。
ライフサイクルはサービスライフサイクルに関連したベストプラクティスの知識習得を望む方向け、ケイパビリティはプロセスや役割に関する深い知識を証明したいと望む方向けの専門分野となります。

Expert資格

各専門分野の知識をバランスよく保有しており、実現場で活用できる能力が証明されます。Foundation資格を含めて合計17単位以上を取得すると、 ”Managing Across the Lifecycle”コースの受講および試験受験ができるようになります。こちらの受験合格によって合計22単位以上取得するとExpert資格が認定されます。

Master資格

Expert資格を保持していることが受験条件です。ITILの優れた知識や理論を適用した経験があることが求められます。認定教育ではなく、経歴書の提出および面接によって進められます。

推奨コース

ITILv3(2011edition)
資格試験名 コース
コード
コース名
ITIL® 2011 Foundation UAX48L ITサービスマネジメント基礎ワークショップ(ITIL2011対応)(試験つき)
Planning,Protection & Optimization (PP&O) UAW84L ITIL プランニング、プロテクション、最適化(PPO)【試験つき】
UAX24L 【ブレンド】ITILプランニング、プロテクション、最適化(PPO)【試験つき】
UAX49L 【再試験】ITILインターミディエイト(PPO)
Service Offering & Agreements (SO&A) UAW85L ITIL サービス提案と合意(SOA)【試験つき】
UAX25L 【ブレンド】ITILサービス提案と合意(SOA)【試験つき】
UAX50L 【再試験】ITILインターミディエイト(SOA)
Release,Control & Validation (RC&V) UAW86L ITIL リリース、コントロールおよび妥当性確認(RCV)【試験つき】
UAX26L 【ブレンド】ITILリリース、コントロールおよび妥当性確認(RCV)【試験つき】
UAX51L 【再試験】ITILインターミディエイト(RCV)
Operational Support & Analysis(OS&A) UAW87L ITIL 運用サポートと分析(OSA)【試験つき】
UAX27L 【ブレンド】ITIL運用サポートと分析(OSA)【試験つき】
UAX52L 【再試験】ITILインターミディエイト(OSA)
Managing Across the Lifecycle(MALC) UAW88L ITIL ライフサイクル全体の管理 (MALC)【試験つき】
UAX28L 【ブレンド】ITILライフサイクル全体の管理(MALC)【試験つき】
UAX53L 【再試験】ITILインターミディエイト(MALC)
上記の5資格(RC&V、OS&A、PP&O、SO&A、MALC)をまとめて取得する速習コース UAX33L ITIL エキスパートプログラム
Practitioner UAX37L ITIL(R)プラクティショナコース+試験
UAX54L 【再試験】ITILプラクティショナ
UAX35L ITIL(R)プラクティショナコース+試験+AXELOS公式書籍付き
(*1)コース名に【ブレンド】と記載されたコースは、eラーニングで事前学習を行った後、講習会に参加していただく形態です。
(*2)コース名に【再試験】と記載されたコースは再試験専用のコースです。該当資格試験の推奨コースで“【試験つき】”の記載があるコースを受講していることが受験資格となります。受験資格なく申し込みされた場合は、受験ができません。予めご了承下さい。
ITIL®は AXELOS Limited の登録商標であり、AXELOS Limited の許可のもとに使用されています。
すべての権利は留保されています。