1. ホーム >
  2. 資格取得対応コース >
  3. LPI認定(LPIC)

LPI認定(LPIC)

「LPIC(エルピック)」は、Linux技術者認定機関「LPI」が実施している国際的な認定制度です。
LPICの最大の特徴は、Linuxディストリビューションに特化せず、Linux全般の知識が求められることです。したがって、汎用性が高い試験として、Linuxの技術力を証明する資格として注目を集めています。
資格詳細情報については、LPI-JapanのWebサイトを参照ください。

LPIC レベル1

Linuxの基本的な操作とシステム管理が行える技術者を対象に、Linuxディストリビューションを利用するために必要な知識が幅広く問われます。
101試験と102試験から構成され、2つの試験に合格すると、LPIC レベル1と認定されます。

LPIC レベル2

Linuxによるシステム構築、ネットワーク構築が行える技術者を対象に、Linuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識が問われます。
201試験と202試験から構成され、2つの試験に合格すると、LPIC レベル2と認定されます。

LPIC レベル3

各分野の最高レベルの技術力を持つ専門家レベルの知識が問われます。
300試験、303試験、304試験のいずれかに合格するとLPIC レベル3と認定されます。

推奨コース

LPICレベル1
試験番号 資格試験名 コースコード コース名
101 LPI Level1 Exam 101 UMV32L LPIC レベル1(101)対策講座 (※) (注1)
102 LPI Level1 Exam 102 UMV33L LPIC レベル1(102)対策講座 (※) (注1)
LPI Level1 Exam 101、LPI Level1 Exam 102 共通 UEL54B LPICレベル1試験対策eラーニング (注2)
UCL01B 【クラウドラボ】LPIC Level1編 (注1)
UCL05B 【クラウドラボ】実機でスキルアップ(Linux編) (注2)
UMO23W [Linux教科書]LPICレベル1
(※)試験合格のため、両コースのご受講をおすすめします。
(注1)2017年3月まで開催されるコース。
(注2)2017年4月以降開催されるコース。

学習方法のご紹介

LPIC合格に向けた学習方法として、当社では「対策講座」、「クラウドラボ」、「参考書」の3種類をご用意してご支援しています。

【対策講座】

過去の頻出問題や最新の出題ポイントを、講義や練習問題で学習します。
また、用意されているLinuxの実機環境で、動作確認をすることにより、理解を深めることが可能です。

LPIC レベル1(101)対策講座(UMV32L)学習期間:2日間
LPIC レベル1(102)対策講座(UMV33L)学習期間:2日間
こんな方にオススメ!
  • 出題ポイントに関する講義を聞いて、効率よく学習を進めたい
  • 短期間で集中的に学びたい
  • Linuxに関する知識を体系的に学びたい

【クラウドラボ】

クラウドラボ利用のイメージ合格するために必要となる知識をクラウド上のラボ環境を使用して、実機で学習します。
試験範囲に登場するコマンド、オプションを盛り込んだ実習課題を解くことによって、現場で必要な実機スキルを習得できます。
学習者が自分のペースでいつでもどこでも実機学習できるセルフペースのトレーニングです。

クラウドラボのご案内

【クラウドラボ】LPIC Level1編(UCL01B)学習滞在期間:4週間
こんな方にオススメ!
  • 自分のペースで場所を問わずに学びたい
  • 対策講座を受けに行く時間がとれない/日程が合わない
  • コマンドの暗記ではなく、現場でも使用できるように実機操作に慣れたい

【参考書】

LPIレベル1の合格を目指す人の自習書です。出題傾向と対策に的を絞って解説してあります。

[Linux教科書]LPICレベル1(UMO23W)
こんな方にオススメ!
  • 出題範囲に関して、一通りの実機操作経験がある
  • 出題傾向の確認を書籍で行いたい