1. ホーム >
  2. 資格取得対応コース >
  3. Linux技術者認定試験(LinuC)

Linux技術者認定試験(LinuC)

「LinuC(リナック)」は、「特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)」が提供するLinux技術者のための資格制度です。
Linux全般の知識が求められる試験内容のため、その汎用性の高さからLinuxの技術力を証明する資格として注目を集めています。
また、LinuCは日本の市場に最適化した試験であり、日本の市場が求める技術分野の内容を分かりやすい日本語で出題するため、正しく技術力を測れる点も大きな特徴です。
Linux技術者認定試験(LinuC)については、LPI-JapanのWebサイトを参照ください。

LinuCレベル1

Linuxの基本的な操作とシステム管理が行える技術者を対象に、Linuxディストリビューションを利用するために必要な知識が幅広く問われます。
101試験と102試験から構成され、2つの試験に合格すると、LinuCレベル1と認定されます。

LinuCレベル2

Linuxによるシステム構築、ネットワーク構築が行える技術者を対象に、Linuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識が問われます。
201試験と202試験から構成され、2つの試験に合格すると、LinuCレベル2と認定されます。

LinuCレベル3

各分野の最高レベルの技術力を持つ専門家レベルの知識が問われます。
300試験、303試験、304試験のいずれかに合格するとLinuCレベル3と認定されます。

推奨コース

LinuCレベル1
資格試験名 コースコード コース名
LinuCレベル1
101Exam、102Exam 共通
UCL05B 【クラウドラボ】実機でスキルアップ(Linux編)

【クラウドラボ】

クラウドラボ利用のイメージ試験に必要なLinux基本操作の知識をクラウド上のラボ環境を使用して、実機で学習します。
学習者が自分のペースでいつでもどこでも実機学習できるセルフペースのトレーニングです。

クラウドラボのご案内


【クラウドラボ】実機でスキルアップ(Linux編)(UCL05B)
こんな方にオススメ!
  • 自分のペースで場所を問わずに学びたい
  • 集合研修を受けに行く時間がとれない/日程が合わない
  • コマンドの暗記ではなく、現場でも使用できるように実機操作に慣れたい