1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. 相手に伝わる!プレゼンの極意 ~論理的なシナリオ構築方法と伝えるスキルの修得~

演習で体感!プレゼンの強み弱みを知り、さらなる改善へ「相手に伝わる!プレゼンの極意 ~論理的なシナリオ構築方法と伝えるスキルの修得~」

ご自分のブレゼンテーションを、客観的に評価したことはありますか?

本コースは、演習を中心に、プレゼンテーションの事前準備に必要なスキルや、聞き手を意識したプレゼンテーションに必要なポイントやコツを学習します。

講師や他の受講者からのフィードバックと、ビデオによるセルフチェックにより、自分自身の強みや弱みがわかり、具体的なプレゼンテーションの改善につなげられる、実践的なコースです。

開催日程・コース概要を見る すぐ申込み(日程選択)
(注)上記ボタンをクリックすると画面は別ウィンドウで表示されます。
選ばれる3つの理由

理由1:プレゼンテーションのテクニックを効率的に学べる

講習会イメージプレゼンテーションの3要素(「シナリオ(脚本)」、「プレゼンス(存在感)」、「デリバリー(伝達)」)と、それぞれの要素における具体的なテクニックやポイントを、効率的に学習できます。

また、プレゼンテーションの事前準備に必要な、論理的なシナリオの構築方法や、資料作成、リハーサルのポイントも、演習をまじえて理解できます。

理由2:充実した演習をとおして、プレゼンテーションのコツが修得できる

演習イメージミニ演習後、「お客様に商品説明をする」という想定で、1回目は「説明型」のプレゼンテーションを、2回目は「説得型」のプレゼンテーションを実演し、講師や他の受講者の方からフィードバックを受けます。

実演することで、「理解してもらう」「納得してもらう」プレゼンテーションのコツやポイントが体感できます。
また、講師や他の受講者の方からフィードバックを受けることで、改善すべき点が明確になります。

理由3:フィードバックとセルフチェックで、改善ポイントがわかる

フィードバックとセルフチェックイメージ実演者のプレゼンテーションを見て、気づいた事を“評価シート”に記入し、それを元にフィードバックを行っていただきます。
他の方のプレゼンテーションをチェックすることで、自分自身の強みや弱みもわかり、ご自身のプレゼンテーションの改善に役立てることもできます。

また、ビデオに撮影したプレゼンテーションの様子を、ご自身で確認していただきますので、自身の長所や短所を客観的にとらえ、具体的な改善に活かすことができます。



お客様の声

【全体的な内容が良かった】

  • プレゼンテーションだけではなく、資料作成やストーリ作成の演習もあり、大変充実した内容で良かった。
  • よく練られているカリキュラムと、講師の能力の高さが良かった。場の雰囲気作りを含め、講師のスキルが光っていた。

【演習が多かった】

  • 2日間という短い期間の中、演習を何度も行えた点に非常に満足した。
  • 繰り返し演習を行うことで、プレゼンテーションに対する苦手意識を減らすことができた。

【改善点がわかった】

  • 他の方のプレゼンテーションを見ることで、自身に足りない部分と課題が明確になった。
  • フィードバックが具体的だった。すぐに実践したい。
  • ビデオに撮影された自分のプレゼンテーションを客観的に見ることで、改善すべき点がよくわかった。
講師からのメッセージ

講師イメージこのコースは、相手に響くプレゼンテーションのコツを、演習を中心に学んでいただきます。
“演習中心”と聞くと、人前で話すことが苦手な方は躊躇されるかもしれませんが、簡単な演習から繰り返し行いますので、苦手意識を持っている方も安心してご参加ください。

ぜひ、このコースを受講し、見直すべき改善ポイントと一緒に、ご自身の長所も知っていただき、プレゼンテーションに対する自信をお持ち帰りください!


開催日程・コース概要を見る すぐ申込み(日程選択)
(注)上記ボタンをクリックすると画面は別ウィンドウで表示されます。