1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. Webコンテンツ開発技術 関連研修コースのご紹介

Webコンテンツ開発技術 関連研修コースのご紹介

当社では、Webサイト(ホームページ)作成の基礎からWebアプリケーション構築まで、実習や解説などによって効率よく技術を修得できるコースを多数、ご用意しております。
HTML、CSS、JavaScriptを利用したWebアプリケーション技術などを、基礎から学習いただけます。この中から、おすすめコースを抜粋してご紹介します。

なお、スマートフォン・タブレット端末関連のコースは、「モバイル(スマートフォン・タブレット) 関連研修コースのご紹介」をご覧ください。

Webコンテンツ開発技術コース体系
「HTMLとCSSによるホームページの作成」へ 「JavaScriptプログラミング基礎」へ 「jQueryによるWebアプリケーション開発」へ 「Web標準技術によるアプリケーション開発~REST APIによるサーバ連携~」へ 「ココが違う!HTML5~HTML4.01からの新要素~」へ 「Web技術者のためのHTML5 APIプログラミング」へ 「JavaScriptライブラリ概説」へ 「BootstrapによるWebアプリケーション開発(GridSystem編)」へ 「体験!HTML5で作るスマートフォン向けWebアプリケーション開発」へ

Webコンテンツ開発技術 おすすめ研修コース

コースコード コース名 期間
UJS29L HTMLとCSSによるホームページ作成 2日間

HTMLとCSSを使ったWebページを作成したい方、Webサイトを自分自身で修正・作成したい方、Webアプリケーション開発にあたり、HTMLやCSSの基本を知っておきたい方におすすめ!
HTMLの文法からCSSを使ったページのデザインの設定までを、実習を通して学習します。
実際の利用シーンがイメージできるサンプルを使い、ハンズオンと実習で理解を深めていくので、初心者の方でも安心してご受講いただけます。

お客様の声
  • 演習時間が長かった点と、HTMLの文法とCSSを一通り学べた点が良かった。
  • 何もわからない状態から、簡単なホームページを作成できるレベルにまで到達できた。
  • 各項ごとに実習があったので、自分の理解度を確認することができた。
  • 講師の説明に無駄がなく、テキストもわかりやすかった。
  • どのようにホームページを作成していくのか、実際に操作をしながら、わかりやすく学ぶことができた。

Web標準技術によるWebページ開発する方におすすめ!
本コースでは、Web標準技術とjQueryを使用したREST API連携の方法を学習します。
Web標準技術でWebページを開発することで、ユーザーの環境(ブラウザ)が異なっていても、Webページを閲覧できます。 さらに、REST APIを使用するとフロントエンドとサーバサイドの開発を分業しやすくなります。 また、フロントエンド技術者はサーバサイドの技術を知らなくてもWebページを作成できるメリットもあります。

HTML5の追加機能を効率的に学習したい方におすすめ!
HTMLの文法からCSSを使ったページのデザインの設定までを、実習を通して学習します。
これまで他の技術を使わないと実現できなかったアニメーションやフォームなど、HTML5で作成されたサンプルページを操作しながら、HTML5の概要や旧バージョンとの違い、追加機能などを理解できます。

お客様の声
  • HTML5のうち、仕様が定まった技術群について広く学習でき、良かった。
  • 最新の技術がサンプルソースをまじえて解説されていたので、わかりやすかった。
  • HTML5の概要や追加機能を、デモで確認・体感することで理解できた。
コースコード コース名 期間
UJS44L JavaScriptライブラリ概説 半日間

短時間でフロントエンドの新技術の情報を収集したい方におすすめ!
近年のフロントエンド開発では、開発を効率化するためにさまざまなJavaScriptライブラリが使われています。 本コースでは、数あるライブラリの中から、高いシェアを誇るjQueryやGoogle Inc.が主導して開発しているAngularJSなどの体験操作を行います。
jQueryやAngularJSを使えば、JavaScript単体よりも容易に画面操作やデータバインドができるようになります。 その他にも、qUnitやlocalForageなど、開発現場で役立つライブラリにも触れることができます。
代表的なライブラリの概要を知ることで、開発技術選定にも役立ちます。

コースコード コース名 期間
UFN41L BootstrapによるWebアプリケーション開発(GridSystem編) 半日間

短期間でBootstrapの基本的な知識を修得したい方におすすめ!
本コースでは、HTML、CSS、JavaScriptのフレームワークであるBootstrapを使用したWebページの作成方法を学習します。 GridSystemによる段組みや段落寄せ、フラットなボタンやアイコンの指定、レスポンシブWebデザインの実装など、 CSSやJavaScriptを手組みせずとも、Bootstrapを使用することで、見栄えが良く、操作性の高いUI(ユーザーインターフェース)を 短時間で作成できるようになります。
BootstrapはASP.NET MVCのテンプレートにも採用されているため、フロントエンド技術を知りたいサーバサイド技術者の方にもおすすめです。

Webコンテンツ開発技術 関連研修コース

上記コースのほか、JavaScriptを使用した動的ページを開発するコースや、Webサイトの作成で必要となるデザイン手法や、情報デザインに関するコースも多数ご提供しています。
詳細は、下記コースマップをご覧ください。

コースマップ「Webコンテンツ開発技術 - Webサイト企画/構築」

モバイルコンピューティング(スマートフォン・タブレット) 関連研修コース

スマートフォンやタブレット端末の特性を活かし、種々のネットワークへの接続、端末の管理、セキュリティなどを考慮したアプリケーション開発をご支援するコースも多数ご提供しています。
モバイル(スマートフォン・タブレット) 関連研修コースのご紹介」をご覧ください。