1. ホーム >
  2. サービス >
  3. eラーニング >
  4. 『障害者と共に働く職場づくり ~合理的配慮への対応』シリーズ

『障害者と共に働く職場づくり ~合理的配慮への対応』シリーズ

お互いの多様性を理解することで生み出される活気ある職場を目指すために、『障害者と共に働く職場づくり ~合理的配慮への対応~』シリーズをご用意しました。東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センターおよび東京大学先端科学技術研究センターと共同開発した本シリーズで、生き生きとした職場づくりをご支援いたします。

合理的配慮の提供が義務化されます!

企業の対応が、確実に求められます・・・

企業の対応が、確実に求められます

2016年4月に「障害者差別解消法」および「改正障害者雇用促進法」が施行されます。障害者の雇用率アップと合理的配慮の提供(雇用者側に無理のない範囲で障害者が働くために必要な環境の提供)が、義務化されます。知らなかったでは済まされません。


専門家の監修を受けたeラーニング・・・

専門家の監修を受けたeラーニング

『障害者と共に働く職場づくり ~合理的配慮への対応~』シリーズは、東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター 星加良司講師、同 飯野由里子特任研究員、および、東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野 近藤武夫准教授と共同開発した研修プログラムです。
専門家が監修したeラーニングなので、知っておくべき知識や押さえておきたいポイントが修得できます。


合理的配慮を確実に理解するために・・・

合理的配慮を確実に理解するために

誰もが生き生きと働く職場を目指していても、「何が差別にあたるのかわからない」「同じ条件、同じ環境で働くことが平等?」「合理的配慮って?」「配慮を求められたら必ず要求に応えなければいけないの?」などわからないこと、不安なことがたくさんあります。
『障害者と共に働く職場づくり ~合理的配慮への対応~』シリーズでは、法改正に向けて企業や組織に必要な知識や考え方、判断基準などが効率よく修得できます。

コースの紹介

基礎知識編

障害者と共に働く職場づくり ~合理的配慮への対応~(基礎知識編)(UTU01D)

「障害者差別解消法」および合理的配慮とそのプロセスについて理解し、企業や組織として必要な取り組みについて学習します。
法改正に伴う基礎知識の修得のため、また啓発活動の一環として、全社一斉教育に最適のコースです。


ケーススタディ編

障害者と共に働く職場づくり ~合理的配慮への対応~(ケーススタディ編)(UTU02D)

企業や組織における多様性理解、合理的配慮に対する考え方、判断の仕方について、ケーススタディをとおして理解します。実例をもとにしたロールプレイ型で、自身の考え、判断に基づきながら学習を進め、様々な考え方や捉え方があることを疑似体験いただきながら学習していきます。
実際に障害者が在籍する組織が合理的配慮を実践するために、またはダイバーシティのテーマの一つとして学習いただけます。


いろいろご相談ください

eラーニングサイトでの受講/CD-ROM形式での受講

当社eラーニングサイトでの受講の他に、CD-ROM形式でも提供しております。
企業規模・受講人数などに応じて、eラーニングサイトでの受講にするかCD-ROM形式にするかを柔軟にご検討いただけます。

【eラーニング形式】
eラーニングコースをID単位でご受講いただく形式です。 受講期間は8週間で、受講履歴や進捗状況を確認することができます。
【CD-ROM形式】
ブラウザで閲覧する形式のコースデータをCD-ROMにてお渡しいたします。
お客様のイントラネットに格納するなどして複数人で閲覧できます。
受講人数、受講期間の制限はありません。受講履歴や合否等は記録されません。

各企業・団体にあわせてカスタマイズも可能!

「障害者と共に働く職場づくり ~合理的配慮への対応~ (ケーススタディ編)」は、利用される企業・団体の状況により、オリジナルのケーススタディを追加するなど内容のカスタマイズもできます。
カスタマイズ費用は別途お見積りいたします。 詳細はお問い合わせください。

eラーニングに関するお問い合わせへ