このページではJavaScriptを使用しています。
SITA認定試験
お知らせ
SITA試験のWindows 7, Office2010対応について
SITA試験のWindows 7, Office2010対応について」(PDF)をご覧ください。

SITA認定試験の技術レベル

合格者には級ごとに、パソコンに関する下記のような技術レベルおよびアドバイス技術レベルの保有者であることが認められます。

SITA 3級試験

  • パソコン初心者に対し、基本操作等の助言やアドバイスができるレベル

SITA 2級試験

  • 公共施設等で、パソコン指導の補助講師を務めることができるレベル
  • シニアや初心者向け講座における補助講師を務めることができるレベル

SITA 1級試験

  • 公共施設等で、パソコン指導の講師を務めることができるレベル
  • パソコン購入時の相談に、的確なアドバイスができるレベル
  • シニアや初心者向け講座における講師を務めることができるレベル
  • 自宅等で、パソコン操作を教えるパソコン塾を開くことができるレベル

(注)
シニアITアドバイザー™は、認定試験に合格することにより、一定水準の技術の保持を認めるものです。
公的機関等やパソコン教室での講師資格を認定するものではありません
また、就労を保証するものでもありません。(富士通オープンカレッジ講師資格ではありません)