1. TOP
  2. おすすめコース
  3. ITサービスマネジメント研修

おすすめコースパック(ITサービスマネジメント編)

ITサービスマネジメント導入の実践力を養成するコース

コースコード コース名 期間
UAW74L 【集合】システム運用入門~運用起点でITサービスを考える~   ライブへ 1日間
UUW67L 【集合】基礎から学ぶシステム運用管理・実践トレーニング~障害管理、変更管理など~  ライブへ 2日間
UAX58L 【集合】ITサービスマネジメント基礎ワークショップ(ITIL(R)V3対応)(バウチャーつき) 3日間
UAX05L 【集合】サービスマネジメントにおけるデータ分析~運用現場の情報を有効に活用する~ 1日間
ULB52R 【ライブ】運用視点でのシステム開発プロジェクトの勘所~運用は上流工程から~ 1日間
UAX03L 【集合】運用トラブルから始まるプロセス改善 ~現場からのボトムアップアプローチ~ 2日間
ULD58R 【ライブ】システム運用におけるSLAの作成 1日間
UAX12L 【集合】システム障害対策と対応~初動体験~ 1日間
UAW58L 【集合】システム障害対策と対応~障害管理の勘所~ 2日間
UAX31L 【集合】IT運用におけるヒューマンエラー対策~ヒトを知り、ミスを防止する~  ライブへ 2日間

[関連コースマップ]

ITサービスマネジメント関連の認定資格を取得するコース

ITIL®をベースとしたITサービスマネジメントに関する資格取得を目的としたコースです。
資格を取得することにより、ITサービスマネジメントに関する高度なスキルを保有している証明となり、利害関係者からの信頼を得ることができます。資格の詳細は、ITIL®認定資格をご覧ください。

ITサービスマネジメント関連の資格を取得したい/ITIL® 2011を効率的に学びたい方におすすめ!

コースコード コース名
UAX58L 【集合】ITサービスマネジメント基礎ワークショップ(ITIL(R)V3対応)(バウチャーつき)

ITIL® 2011について、講義と演習により学習します。
演習では、ITサービスマネジメントの事例と、ITILを構成するプロセスの比較、分析を行い、ITILを構成するプロセスの理解を深めます。
3日間の研修に、後日試験センターで受験を行っていただくためのバウチャーチケットをセットにしたコースです。

お客様の声

  • 具体例を挙げていただきながらの講義だったため、イメージしやすく、講義以外の疑問点を解消してもらえた。3日間という限られた時間内で講義、試験を行ったので、情報量が過多な日もありましたが、何度も強調していただけたのでついて行けたと思います。
  • 試験に出るポイントを明確にしてもらえた。また、具体例を交えながらの講習で分かりやすかった。

[関連コースマップ]

ITサービスマネジメントとは

事業体のニーズを満たす良質のITサービスを実施および管理することです。
公開されたフレームワークや標準が存在します。世界的に広く知られているものとして、ITIL®、ISO/IEC 20000(Information Technology Service Management System: ITSMS)、COBIT®(Control OBjectives for Information and related Technology)、能力成熟度モデル統合 (Capability Maturity Model Integration: CMMI®)などがあります。

ITIL®とは

IT Infrastructure Libraryの略で、英国政府が開発した、ITサービスマネジメントのベストプラクティスです。「コア書籍」と呼ばれる5冊の書籍群にまとめられています。ITIL®のフレームワークは、サービスライフサイクルの5つの段階に基づいており、各コア書籍はそれぞれの段階のベストプラクティスの手引きを提供しています。

【ご参考】

ITIL®や、富士通のITIL®への取り組みは、「ITIL®への富士通の取り組み」(富士通のサイト)をご覧ください。