1. TOP
  2. おすすめコース
  3. シリーズ別eラーニングのご紹介

働き方改革やIT技術の進化によりテレワークが増えるなど、働き方は多様化しています。
学習スタイルも、自宅やサテライトオフィスなどで、お好きな時間に、いつでも何度でも、ご自分のペースで学習できるeラーニングを活用される方が増えています。

当社では、日本経済新聞社主催の「日経ビジネススクールオンライン講座」シリーズなど、それぞれの特徴を持った「シリーズ別eラーニング」をご用意しています。
シリーズ別のコースラインナップの中から、ご自身のスキルアップに役立つコースを受講されてはいかがでしょうか。

eラーニングイメージ

また、期間中、テーマに沿った複数のeラーニングコースを自由にご受講いただける「定額制eラーニングサービス」もございます。
ぜひ、企業・組織内の人材育成にお役立てください。

シリーズ別eラーニング ラインナップ

BBTリモートキャンパス

株式会社Aoba-BBT社(旧 株式会社ビジネス・ブレークスルー)との提携コースで、提携先の専用サイト「AirCampus」で学習します。

実務経験豊富な講師が登壇することで、机上の空論ではなく、身に付けた知識やスキルをビジネスの現場でいかに実践していくかに重点を置いたコースです。

[主なコース]

  • 個人と組織の可能性を引き出すコーチング
  • イノベーションとマーケティング
  • 情報調査力の磨き方
BBTリモートキャンパス画面例

日経ビジネススクールオンライン講座

日本経済新聞社が主催する「 日経ビジネススクール」のeラーニング講座です。
第一線の実務家が本コースのために書き下ろした独自の講義内容や、ライブラリーやレポートなどの多彩な機能を通じて、ビジネスに必須の知識とスキルを効果的に習得することができます。

講義に関連する豊富な資料をダウンロードできるライブラリー機能や、 コースによっては、レポートを作成して提出すると、コメントや添削、模範解答が返却される、レポート付きコースもあります。

日経ビジネススクールオンライン講座は、コース名の先頭に【日経】と表示されます。

[主なコース]

  • 【日経】実践ロジカルシンキング入門
  • 【日経】日経新聞の記者経験者が添削 ビジネス文章力養成講座(※レポート付き)
  • 【日経】Excelで始める統計学 データ分析基礎編
日経ビジネススクールオンライン講座画面例

お客様の声

  • レクチャーが細かく分かれていたので中断しやすく、合間時間で学習できる点が良かった。(「【日経】実践プロジェクトマネジメント入門」受講者)
  • テストの内容・ボリュームもちょうどよかったですし、何よりeラーニングの内容がWordでも確認できるのが非常にありがたかったです。出勤途中や出先でも学習が行え、大変助かりました!(「【日経】実践リーダーシップ入門」受講者)
  • 実際の記事を参考にしながらの説明がわかりやすく、情報量が丁度よくまとめられていてわかりやすかったです。(「【日経】実践リーダーシップ入門」受講者)
  • 確認テストの解説があるのがすごく良かった。間違えたところについても再度読み返して、理解を深めることができた。(「【日経】ビジネスに役立つ法律基礎知識」受講者)

日経ビジネススクールオンライン講座


Cross Knowledge(クロスナレッジ)シリーズ

クロスナレッジ社(本社:フランス)が世界の著名なビジネススクール教授陣と共同開発したコンテンツを、ビジネスコンサルタント社が日本により適した形にローカライズしたeラーニングコースです。

ワンタッチで日本語・英語の切り替えができるため、ビジネス英語力を磨き、グローバルにおいて通用する力を身につけられます。
また、身近なケースのクイズで「自分だったらどうするか?」と自己を振り返る体験学習に近いステップで学習できます。

Cross Knowledgeシリーズは、コース名の先頭に【CK】と表示されます。

[主なコース]

  • 【CK】チームにおける創造性
  • 【CK】リーンマネジメント
Cross Knowledgeシリーズ画面例

お客様の声

  • ケーススタディ要素が多く、過去に実際に起こった事例と一致するので、机上の空論では無いと強く感じました。また、画面の色使い等が非常に見やすかったです。(「【CK】初めてのマネジメント」受講者)
  • 都度の確認テストにより、自分の理解度を確かめることができた。(「【CK】プロジェクトマネジメント」受講者)

Cross Knowledgeシリーズ


PMP資格維持シリーズ

株式会社ビジネスコンサルタントとの提携コースで、提携先の専用サイトで学習します。
PMP資格維持のためのPDU取得を主な目的とし、Cross Knowledgeのコース(【CK】)をセット等にしてご提供します。

PMP資格維持シリーズは、コース名の先頭にPMP資格維持:と表示されます。

PDU対象コース【eラーニング】一覧


その他シリーズ別eラーニング