1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. ロボットAIプラットフォーム関連コースのご紹介

ロボットAIプラットフォーム関連コースのご紹介

ロボットイメージ"近年、ネット上での記事やテレビ、新聞などで「ロボット」といった言葉を頻繁に見かけたり、耳にしたりすることが多くなりました。それは私たちの暮らしの中にロボットが身近になっていることの証でもあります。
ロボットには産業用ロボットから介護ロボット、スマートスピーカー、ドローン、お掃除ロボットまで、さまざまな種類があります。
その中でも「Unibo(*)」(以下、ユニボ)をはじめとするコミュニケーションロボットは、人間とのコミュニケーションに重点を置いています。例えば、ユニボは人間の音声や表情(感情)を把握してコミュニケーションできます。
ユニボを使うことで、例えば役所の窓口で人感センサーによって、会話を切り出し、音声やタッチパネルで施設案内をすることができます。
当社では、富士通が提供するロボットAIプラットフォーム、およびユニボのコースを提供しています。

(*)Uniboは、ユニロボット株式会社の登録商標および商標です。

おすすめコースのご紹介 ~集合研修~

コースコード コース名 期間
UAI25L ロボットAIプラットフォームを活用するアプリケーション開発 new 2日間

ロボットAIプラットフォームは、最新のAI技術と人に優しいコミュニケーションロボット機能をさまざまなデバイスに提供するクラウドサービス基盤です。このプラットフォームは自然対話技術、表情認識技術、音声感情認識技術、顔認識技術などのコミュニケーション技術を提供しています。
また、ロボットからAPIを呼び出すこともできます。APIと連携させることで、Twitterなどの外部システムやAPI化した業務システムをロボットから利用できます。

ユニボ"本コースでは、ユニボの実機を使用して、これらの機能の実装方法を学習します。ロボットAIプラットフォームの全体像や実装方法を理解できるため、企画を担当する方やシステムを実装するSEの方におすすめのコースです。

おすすめコースのご紹介 ~eラーニング~

~コミュニケーションロボットに関する企画立案を担当される方や興味のある方におすすめ~

コミュニケーションロボットを中心に、ロボットとロボットAIプラットフォームの関係を周辺技術(AI)を含めて学習するとともに、コミュニケーションロボットがどのようなビジネスシーンで活用できるのか、(富士通のロボットAIプラットフォームにおける)実証例の説明も含めて解説します。

お客様の声

  • AI、ロボットにおける体系について、詳細に説明されており、十分に理解できた。 また、現状における事例も含まれていたため、役立った。
  • 技術だけでなく実際の活用例を学ぶことができたので、どのように社会の中で利用可能か考える一助となった。
  • 現在のAIがどの程度まで発展しており、今後は何を目的として研究開発が行われているかが簡潔に書かれていたため分かりやすかった。

~富士通のロボットAIプラットフォームの利用を検討されている方におすすめ~

コミュニケーションロボット「ユニボ」と、富士通が提供するクラウドサービス基盤である「ロボットAIプラットフォーム」の特徴や基本機能について学習します。
また、ユニボの開発ツールである「スキルクリエイター」を用いた動作の設定方法や、ロボットAIプラットフォームとの連携方法について動画を交えて解説します。

お客様の声

  • ロボットAIプラットフォームのスキルが全くない人でも、イメージがつきやすいと思いました。
  • 大変実践的な内容で、実際にどのようにプログラムを書くのかよくわかった。
  • 全般をとおして、概念と具体的な内容で構成されており役立つ内容でした。特に、デプロイのやり方も演習として、動画収録されていたので、イメージがつきやすかった。