1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. 第四次産業革命スキル習得講座 >
  4. 「ビジネス活用のための機械学習実践講座」のご紹介

第四次産業革命スキル習得講座 認定コース「ビジネス活用のための機械学習実践講座」のご紹介

当コースは経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座」の認定コースです。
第四次産業革命スキル習得講座は、厚生労働省の「専門実践教育訓練給付」の対象講座にもなりました。厚生労働省が定める一定の要件を満たせば所定の経費が給付されます。
詳細やお申込方法は「第四次産業革命スキル習得講座 認定コースのご紹介」をご覧ください。

「ビジネス活用のための機械学習実践講座」詳細

コース名 ビジネス活用のための機械学習実践講座
到達目標
  1. 組織のビジネス課題(既存の業務改革)に合わせた、データ利活用のストーリーを描ける
  2. データ利活用のストーリーから、必要なデータ、分析手法およびICTの見当をつけ、各専門家と連携できる
  3. ビジネスにおける代表的な分析手法については、独力で適用できる。また、結果も評価できる
  4. ビジネスの観点で分析結果を解釈し、ビジネスに活用するための施策を立案できる
講座概要 デジタルビジネス時代においてイノベーションを創出するには、各種データ分析アプローチを駆使し、あらゆるデータから価値を引き出し、ビジネスに結び付けていくことが求められます。近年、業界・企業が保有するデータは種類も量も加速度的に増加しており、業界・企業を超えたデータ活用によるオープンイノベーションも期待されています。その一方で、データ戦略の立案・活用ができる人材の不足が喫緊の課題となっています。今やデータ利活用のスキルは、ビジネスを推進する上で欠かせないスキルです。
本プログラムでは、機械学習をはじめとしたAI技術を用いて業務改革を推進する力を身につけます。
教育訓練の内容
単元1:データ活用の全体像を知る
1.データサイエンス入門 ~データ活用の観点と代表的な分析手法~
単元2:AI技術の概要と体験
2.体験!機械学習~クラウドサービスの利用~
3.体験!ディープラーニング
単元3:Pythonによるデータエンジニアリング
4.Pythonによるデータ分析入門
5.Pythonによる機械学習システム構築入門 ~学習モデル作成からAPI化~
6.データ分析のためのデータ前処理実践トレーニング
単元4:データ活用データ実践
7.データ分析ケース実践ワークショップ ~分析方針立案からサービス提言まで~
上記7種類のコースをご受講いただきます。各コースの詳細日程は下記をご覧ください。
合格条件 以下4つを全て満たしていること
  1. 7コースが修了(合格)していること
  2. 単元1~3に関する理解度テストに合格していること
  3. 単元4の成果物評価で合格していること
  4. アンケートに回答していること
価格 616,000円(税抜価格560,000円)
お申込み方法 第四次産業革命スキル習得講座 認定コースのご紹介」ページからお申込ください。

「ビジネス活用のための機械学習実践講座」開催スケジュール(2020年下期)

※ 日程は変更になる場合があります。

カリキュラム 学習
形態
学習
期間
開始日
単元1:データ活用の全体像を知る データサイエンス入門 ~データ活用の観点と代表的な分析手法~ 講習会 2日間 10月5日
単元2:AI技術の概要と体験 体験!機械学習 ~クラウドサービスの利用~ 講習会 1日間 11月17日
体験!ディープラーニング 講習会 1日間 12月9日
単元3:Pythonによるデータエンジニアリング Pythonによるデータ分析入門 講習会 1日間 12月18日
Pythonによる機械学習システム構築入門 ~学習モデル作成からAPI化~ 講習会 2日間 1月28日
データ分析のためのデータ前処理実践トレーニング 講習会 2日間 2月4日
単元4:データ活用データ実践 データ分析ケース実践ワークショップ ~分析方針立案からサービス提言まで~ 講習会 2日間 3月11日