1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. データ分析(Analytics)関連コースのご紹介

データ分析(Analytics)関連コースのご紹介

データ収集から利活用までのサイクル 「IoT」などの技術革新により、多種多様なビッグデータの収集、蓄積が可能になり、多くの企業・組織において、データを活用した業務改革や新規ビジネス創出が進められていますが、ディープラーニングの登場によって、データ活用はさらなる加速が見込まれています。

そのため、各種データ分析を駆使し、データから価値を引き出し、ビジネスに結び付けるデータ分析は、今や情報部門だけではなく現場部門にも欠かせない必須スキルです。
その一方で、データ戦略の立案・活用ができる人材の不足が喫緊の課題となっています。

当社ではトラディショナルな統計解析手法から、AI技術などの最新のデータ分析アプローチまで、幅広い領域のコースを取り揃え、お客様のニーズを満たすコースを提供しています。


おすすめコースのご紹介

ライブへ をクリックすると、ライブ配信・オンライン開催コースのコース概要が表示されます。

データサイエンスの概要を理解する

コースコード コース名 学習期間
UBU17L データサイエンス入門 ~データ活用の観点と代表的な分析手法~  ライブへ 2日間

AIを含むデータ利活用人材にとってベースとなる知識・スキルを身につけたい方におすすめ!

さまざまなデータをビジネスに活用するための方法論「データサイエンス」について学習します。
主なデータ分析手法を「どのようなデータ」に適用すれば「どのような分析」ができるかや、ビジネスに活用する観点を、ケーススタディを基に学習します。

第1章 データサイエンスの全体像
第2章 分析手法と評価(要約、クラスタリング、統計的検定、回帰分析など)
第3章 データの準備
第4章 データ利活用に向けた計画
総合演習問題

お客様の声

  • 代表的な分析手法が分かりやすくまとまっており、想定より得るものが大きかった。
  • 講師の方の説明がとても明瞭で、テキストは図が多用されていてわかりやすかった。演習のバランスも良かった。
  • データ分析について、実際に業務で使用することを前提に、考え方からツールの使用方法まで、基礎から学ぶことができた。

マーケティング戦略にデータを活用する

~実務経験豊富な有識者から実務に活きるテクニックを学びたい方におすすめ!

マーケティング戦略・戦術を立てるには、市場の現状把握とアイディアの検証が欠かせません。データをうまく活用することで、効果的なマーケティング戦略の検討・立案が可能になります。
本コースでは、マーケティングの主要テーマにデータを活用する方法を、実務経験豊富な有識者から学びます。

[講師紹介]
豊田 裕貴 氏 法政大学経営大学院教授
2015年より現職。専門はマーケティングリサーチ、マーケティング。マーケティング分野に関する書籍を多数執筆

データの分析方法を理解する

コースコード コース名 学習期間
UAU49L ビジネス分析のための統計学入門  ライブへ 1日間

企業内データの分析方法を学びたい方、上流工程で業務の分析、改善を行う方におすすめ!

企業や組織で保有している大量のデータを解析することで、ビジネスや社会に有用な知見を得たり、これまでにないような新たな仕組みやシステムを産み出す可能性が高まります。
本コースではデータの活用の礎となる統計学の手法を理解し、数値の捉え方を業務データに基づいて学習します。

お客様の声

  • データはあるものの、その活用法が理解できていなかったが、本日の講義を通して活用イメージを膨らませることができた。
  • Excelでさまざまな分析ができることが分かった。明日から使えそうです。
  • 演習を通して、どの統計手法を採用し、どのように結果を評価すればよいか理解できた。
コースコード コース名 学習期間
UBU08L Pythonによるデータ分析入門  ライブへ 1日間

Pythonを使ったデータ活用を目指す方におすすめ!

Pythonはデータサイエンティストの中で、標準的なデータ分析の手段として活用されています。
本コースでは、「Pandas」「matplotlib」「scikit-learn」といったライブラリを使い、Pythonを使ってデータ分析するための知識を演習を通して学習します。
今後、Pythonを使って機械学習によるデータ活用を目指す方にとっての入門コースです。

コースコード コース名 学習期間
UBU26L Pythonによる機械学習システム構築入門
~学習モデル作成からAPI化~
  ライブへ
2日間

Pythonを使って、はじめて機械学習を適用される方におすすめ!

Pythonの代表的な機械学習ライブラリ「scikit-learn」などを使った機械学習システムの全体像を、演習を交えて学習します。はじめて機械学習を適用する方が知っておくべきこと(交差検証、パラメーター調整、モデルのAPI化など)を学習します。
Pythonを使ってはじめて機械学習を適用される方向けのコースです。

学習内容のイメージ

データを活用した業務の課題解決を行う方や、Pythonによる分析スキルを高めたい方にもおすすめ!

実データを題材に、分析方針立案からモデルの作成、サービス提言までの一連のプロセスを体験します。
データを活用したサービスの全体像を描き、分析方針に沿って前処理や学習モデル作成、サービス提言を行います。
分析のためのプログラミング言語としてPythonを利用します。

コースコード コース名 学習期間
UBU36L データ分析のためのデータ前処理実践トレーニング  ライブへ 2日間

データ分析作業の8割を占めるといわれている「前処理」に特化!

データ分析の精度は「前処理」で決まると言われるほど、分析結果に大きな影響を与えます。
本コースでは、主にPythonを使った、数値、文字、テキストの前処理について学習します。実習中心の「実践トレーニング」により、現場で使えるスキルを身につけることができます。

学習内容のイメージ

この他にもデータ分析関連コースを多数提供しています。詳細は、コースマップをご覧ください。

コースマップ:データサイエンス
コースマップ:BI(ビジネスインテリジェンス)

関連リンク

Iot関連コースのご紹介 AI関連コースのご紹介