1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. Amazon Web Services(AWS)技術者育成研修コースのご紹介

Amazon Web Services(AWS)技術者の育成は、 AWS認定トレーニングパートナーの当社にお任せください!

企業が情報システムを構築する際に、パブリッククラウドを第一選択肢として検討することを意味する「クラウドファースト」から、システムを構成する要素としてクラウドが欠かせない「クラウドマスト」時代に突入しようとしています。
中でもパブリッククラウドの中で世界的にクラウドのリーダーとして各所から認められている「Amazon Web Services(AWS)」は、クラウドマスト時代の技術者としては、おさえておきたいサービスです。

ぜひ、AWS認定トレーニングパートナーである富士通ラーニングメディアが提供する、実際にAWSを操作しながら習得いただけるコースをご利用ください。

ライブへ をクリックすると、ライブ配信・オンライン開催コースのコース概要が表示されます。
コースコード コース名 期間
UBU58L AWS Cloud Practitioner Essentials  ライブへ 1日間

クラウドの概念、AWS のサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートについて詳細に説明します。
特定の技術担当者に限らず、AWSクラウドを全体的に理解したい方を対象としています。

コースコード コース名 期間
UBU59L AWS Practical Startup Workshop  ライブへ 1日間

AWSプラットフォームでアプリケーションを構築、運用するための基礎的な概念、知識、操作方法についてハンズオン形式で学びます。
ハンズオン形式でWebアプリケーションのアーキテクチャを段階的に発展させ、AWSクラウドのベストプラクティスや設計パターンについて体験的に学ぶことができます。
AWS を利用するソリューションアーキテクト、システム運用管理者、デベロッパーなどの技術者を対象にデザインされています。

コースコード コース名 期間
UBU07L Architecting on AWS 3日間

~AWSのアーキテクトおよびシステム設計をされる方に最適!~

AWSクラウドの設計パターンをいくつか取り上げ、特定のサービスがクラウド設計全体にどのように適合するかについて学べます。また、ベストプラクティスや実経験に基づくヒントも学習します。

お客様の声
  • 講師の方の知識が豊富で、さまざまな実用事例を聞くことができた。
  • AWSサービス機能とアーキテクチャの概念が演習を通してより深く理解できた。
  • 非常にわかりやすく、かつ詳細な説明が多く、理解を深めることができた。

AWS トレーニングバウチャー対象コース

※ 現在、AWSトレーニングバウチャーの販売は停止しています。

コースコード コース名 期間
UBS15E Architecting on AWS(トレーニングバウチャー) 3日間
UBS16E Developing on AWS(トレーニングバウチャー) 3日間
UBS17E Systems Operations on AWS(トレーニングバウチャー) 3日間
UBS18E Advanced Architecting on AWS(トレーニングバウチャー) 3日間
UBS19E DevOps Engineering on AWS(トレーニングバウチャー) 3日間
UBS20E Security Operations on AWS(トレーニングバウチャー) 3日間
UBS21E Big Data on AWS(トレーニングバウチャー) 3日間
UBS22E Data Warehousing on AWS(トレーニングバウチャー) 3日間

申込みの流れ等は、「AWS トレーニングバウチャーを使用した申込みの流れ」をご覧ください。