1. ホーム >
  2. 自分に合った学びのスタイルを実現するサービスの強化について

自分に合った学びのスタイルを実現するサービスの強化~「One Content Multi-Use」コンセプトに基づき、
サービスをご提供いたします~

当社は、目的や環境に応じて学習手段を選択したり、柔軟に組み合わせたりといった「自分に合ったスタイルで学びたい」というニーズを実現するために「One Content Multi-Use(*1)」というコンセプトでサービスを強化し、その第一弾のサービスとして、「e講義動画」のご提供を開始いたしました。

「e講義動画」サービスについて

e講義動画画面 「e講義動画」は、「講習会」の講師による講義部分を動画コンテンツ化してご提供するものです。
定評ある当社講師による講義を「いつでも、どこでも、繰り返し学べる」eラーニングとしてご利用いただくことで、「講師によるわかりやすい講義を繰り返し学びたい」、リーダーや幹部社員の方などの「専門外の知識でも講師による講義で勘所を学びたい」というニーズにお応えします。
3月からご提供を始め、4月末までに30コース、2014年度中に100コースをご提供する予定です。

e講義動画ご案内ページ

One Content Multi-Useコンセプトについて

当社は、教室での講習会をもとに、eラーニングやサテライト講習会といった様々な学習スタイルによるサービスを提供しております。
今回、講習会の要素である、「講義」「テキスト」「マシン実習」「個人/グループ演習」を個別にご提供し、さらに様々な学習スタイルへの対応を可能にします。
第一弾として「e講義動画」、続いて第二弾として講習会のテキスト、今後、講習会の実習や演習をご提供する予定です。

講習会」「eラーニング」「サテライト講習会」という学習スタイルに、新たに「e講義動画」「テキスト」「マシン実習」「個人/グループ演習」を加え、学習者が目的や環境に応じて学習手段を選択したり、自由に学習スタイルを組み合わせることができるコンセプトを「One Content Multi-Use」と名づけ、「自分に合ったスタイルで学ぶ」ことができるサービスを強化します。

これからも、学習者を起点とした人材育成でお客様事業への貢献を目指して参ります。

one content multi-useのイメージ

【利用イメージ】

利用シーン1:移動中に「e講義動画」で講義を受講

one content multi-useのイメージ

利用シーン2:事務所で「e講義動画」を受講し、テキストで復習

one content multi-useのイメージ

(*1)One Content Multi-Useは、現在商標登録中です。