1. TOP
  2. eラーニング
  3. 情報セキュリティ対策コース一覧

昨今、テレビや新聞、インターネットで報じられているように企業や組織・団体において機密情報や個人情報などの漏えいをはじめとする、情報セキュリティ事件・事故が頻発し、その損害も年々増加をたどっています。そのため、事業経営では情報セキュリティリスクへの現状の施策が危惧されています。

当社で提供しているeラーニングの中から、情報セキュリティ対策におすすめのコースをご紹介いたします。
詳細は各コース概要、または体験版をご確認ください。

情報セキュリティ対策コース

全社一斉教育・一般社員向けの初級・入門コースです。
企業・組織の従業員がまず身につける必要がある「日常業務での情報セキュリティ対策の基本」を体系的にわかりやすく学習します。個人情報の取り扱い、情報モラル・マナー、紛失盗難・誤送信時の対応など、職場での代表的な場面ごとに原因と対策を確認します。
第1章は登場人物と一緒に行動する謎解きストーリーになっています。ストーリーを通して、情報セキュリティの事件事故のケースを学習します。
第2章は第1章の内容をふまえ、登場人物が情報セキュリティのポイントをわかりやすく解説します。

画面例

情報漏えいの危険が身近にある時に、どう行動すべきかをあなた自身で考え、選択しながらストーリーを進めていく体験型eラーニングです。
日常業務で起こりやすいシーンを疑似体験でき、選択した行動によって様々なパターンを学習できます。リアルなシーンを体験することで、必要となるスキルを自然に修得できる構成になっています。
一般的なeラーニングはすでに実施済みの企業様にもおすすめです。

画面例

社員のセキュリティ知識やモラルを高める情報セキュリティ教育に終わりはありません。毎年度、実施いただくことで効果がでます。
速習シリーズは価格も手ごろで全社一斉教育におすすめです。

画面例

ビジネスシーンで起こりうる20のセキュリティ事例に対して「そのとき、どうする?」という問いかけに、答えを選択しながら、その結果と適切な対応を学べます。身近な事例から、情報セキュリティに関連する基礎知識が習得できます。


うっかり気を抜くと陥ってしまいそうな身近なトラブル事例を挙げて、その時、その場所にいたらどのように対処するかを受講者に問いかける対話形式で学習を進めます。受講者自ら考えながら読み解くことによって学習効果を高め、日常的なリスクに対する気づきを促します。


コンプライアンスとは何か?といった基本的なことを事例を交えながらマンガを使ってわかりやすく解説しています。


情報化社会の現状や組織で実施するべき情報セキュリティ対策など、従業員の情報セキュリティに対する認識度を短時間でチェックできます。すべての問題に解説があるので、情報セキュリティに対する意識の向上にも役立ちます。


信頼される安全な情報管理やサービス提供の実現に向けて必要となる情報セキュリティ分野の基本知識について、組織の一員としてのリスクをベースにしながら体系的に講義と演習を通じて学習します。


情報セキュリティ対策のご担当者様向けコースです。
2016年に新設された情報処理技術者試験「情報セキュリティマネジメント」の資格取得を目指すためのeラーニングコースです。
午前および午後問題に対応する内容です。


情報セキュリティ対策のご担当者様向けコースです。
弊社人気講習会の情報セキュリティ対策実践がe講義動画になっています。

※「e講義動画」は、当社が提供している講習会の講義内容を撮影した動画コンテンツです。経験豊富な講師による講義をご自分のペースで視聴し、スキルの向上にお役立ていただけます。