1. ホーム >
  2. KnowledgeWing West >
  3. 講師/スタッフ紹介バックナンバー >
  4. 名古屋ラーニングセンター

名古屋ラーニングセンターの講師/スタッフ紹介 バックナンバー

原(システム運用管理関連コースなど担当)

講師写真

こんにちは、名古屋ラーニングセンターの原です。
主にシステム運用管理関連コースの講師を担当していますが、他にもWindowsやネットワーク、システム設計関連コースなど、多岐に渡って実施しています。

講師になる前のフィールドSE時代の19年間では、GSシリーズ(富士通の大型汎用コンピュータ)からパソコンサーバまで幅広く担当し、世の中のダウンサイジングの流れを肌で感じてきました。

SE時代は、講習会を受ける時間もなかなかありませんでしたが、講習会を実施する立場になってみると、
  • 「もっと早く、現場にいたころに、こうした技術を学びたかった。」
と心の底から実感しますので、忙しい時にこそ、講習会を受講して欲しいと思います。
それと同時に、
  • 「自分が経験して学んだことは現在でも通用するものであり、ぜひ、現役の方に伝えたい。」
という想いも沸いてきます。

講習会で学ぶ内容は「経験に基づいて構築された理論」であり、決して実践で役立たないものではありません。 それをわかっていただきたく、私が現場で経験したことを交えながら講義をしています。ぜひ一度、ご受講にいらしてください。

森(Windows Server関連コース担当)

講師写真

こんにちは、名古屋ラーニングセンターの森です。
Windows Server関連コースを中心に、ネットワークやデータベースなども担当しています。

Windows Server関連コースの特徴としては、実習を通して自ら環境を構築できるという点です。与えられた環境の中で作業するのではなく、環境をゼロから作り、その上で運用管理を体験することができます。
もちろん、実習前には、機能の概要やその長所や短所などを、体系立てて学習します。そのため、機能概要の理解から、構築/運用管理技術の習得までを、幅広く行っていただくことができます。

私の講義スタイルとして、講師が一方的に話すのではなく、受講者の皆様と対話しながら進めるようにしています。対話の時間を設けることで、理解度に合わせて講義を進めることができます。また、対話によって、不明点の抽出や学習した知識の整理ができ、深い理解に繋がるようにしています。

講習会は数日間の短い期間ですが、その中で効率的に知識、技術が習得できるよう、工夫し講義を進めています。ぜひ、ご受講にいらしてください。

江口(サーバ関連コース担当)

講師写真

こんにちは、名古屋ラーニングセンターの江口です。
GS・AIMの他、UNIX・Linuxなども加えたサーバ関連コースを中心に担当しています。

入社以来15年ほど、金融担当のフィールドSEとして東京・大阪・神戸・奈良そして名古屋で働き、その後、今日まで講習会に携わっています。
講習会の実施に当たっては、GS・AIM・UNIXなどをこれから使っていかれる方の助けになるようなものにしたいと願っています。

私の担当コースに共通して言えることは、基本はどれも変わらないということです。
もちろん内部的には異なりますが、OSやサブシステムとして提供している機能やコマンドなどはあまり変わりません。
パソコンOSとは考え方の異なる世界に足を踏み入れてみませんか?
一度覚えると楽しいですよ!(ノウハウはずっと使えます。息が長いのです!)

皆様のご受講を心よりお待ちしております。ぜひ、ご受講にいらしてください。

冨田(業務改善/IT活用関連コースなど担当)

講師写真

こんにちは、名古屋ラーニングセンターの冨田です。
業務改善/IT活用(Excel/Access)や言語(COBOL)関連コースの講師と、講習会環境(教室やパソコンなど)のマネジメントを担当しています。

講師になることを目指したのは大学時代の教育実習でした。
人に何かを伝え、教える・・ということで喜びを感じられる職業は、とてもすばらしいと思い、教えるならあまり得意でなかったIT分野で挑戦してみようと、当社に入社しました。

入社当初は関西ラーニングセンターに在籍し、MS-Office関連コースを担当していました。
その後、講習会受付や大学運営などの業務も経験し、2008年に名古屋に転勤になり、MS-Officeの他にCOBOL関連コースも実施するようになりました。
今は、受講者の方との一期一会を大切にし、教える難しさと楽しさを日々実感しています。

私は、自分自身ITがよくわからなかった時があるので、“わからない方の気持ち”や“わかたった時の喜び”がわかる講師であると思っています。故に、わかった時の喜びを共に感じられたらとても幸せです。
みなさんと一緒に学習し、講習会で少しでも多くのことを修得していただけるように頑張ります。ぜひ、ご受講にいらしてください。

林(プロジェクトマネジメント関連コースなど担当)

講師写真

こんにちは、名古屋ラーニングセンターの林です。
プロジェクトマネジメント関連コースを中心に、ヒューマンスキル関連や組込みシステム関連のコースなどを担当しています。

世の中のIT技術は飛躍的に発展してきました。
しかし、仕事の原点がそれに携わる『人』であることは、時代が変わっても何ら変わっていません。
プロジェクトマネジメントもKKD(勘と経験と度胸)のみに依存する従来型からA Guide to the Project Management Body of Knowledge(PMBOK® Guide)ベースのプロセス重視型に進展してきましたが、基本はやはり『人』です。
プロジェクトの失敗原因の多くは『人』に起因すると言われています。
私は、富士通にて30年ほど製品開発やフィールドSEの現場を歩き、数多くのプロジェクトを経験してきました。現在、この経験を活かして研修を行っています。

担当する多くのコースは講義と事例演習で構成されています。
受講者の皆様に現場で直ぐに使える生きた知識とノウハウ、知恵を身につけていただくために、以下の点を心掛けています。

  • 講義では講師からの一方通行ではなく、皆様との対話を大切にしています。
  • 演習では事例による疑似体験を通して、皆様の検討状況に応じて的確なアドバイスをしながら、皆様に、自ら悩み、考え、気づき、学んでいただけるようにしています。
  • 何より皆様が明るく楽しく笑顔で受講していただけるよう努めています。

プロジェクトマネジメントを少しでも上手くできるようになりたいと思われている方、是非一度ご受講にいらしてください。

PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management institute,inc.)の登録商標です。