1. ホーム >
  2. 新入社員研修サービス >
  3. 新入社員研修電子教材のご案内

新入社員研修電子教材のご案内

新入社員研修電子教材のご案内と会場における電子教材の使用方法

当社の新入社員研修では、お申込み時に「電子教材コース」と「紙教材コース」のいずれかを選択できます。(ビジネススキルコースと、ITソリューションセールス研修を除く)

電子教材対象コース一覧
コース名 コースコード
新入社員のためのIT研修~実務で使えるコンピュータ基礎技術~ NBI04L
新入社員のためのロジック研修~アルゴリズム編~ NBI02L
新入社員のためのITプロへの第一歩 ~最新技術動向とビジネス作法~ NBI17L
新入社員のためのロジック研修~ロジック構築力徹底トレーニング Java NUL50L
VB.NET NUL52L
C♯ NUL58L
C言語 NUL54L
COBOL NUL56L
新入社員のためのシステム研修~システム開発プロジェクト疑似体験 Java NUL60L
VB.NET NUL62L
C♯ NUL68L
C言語 NUL64L
新入社員のための組込みソフトウェア技術研修~C言語プログラミング~ NFE08L
新入社員のための組込みソフトウェア技術研修~組込みプログラミング~ NFE10L
新入社員のための組込みソフトウェア技術研修~開発体験~ NFE12L
新入社員のためのシステム基盤構築研修 NBI15L
情報システム部門配属者向け新入社員研修1~基礎知識編~ NIS01L
情報システム部門配属者向け新入社員研修2~要素技術編~ NIS02L
情報システム部門配属者向け新入社員研修3~疑似体験編~ NIS03L

電子教材コースを選択した場合、講義テキストは電子教材、演習問題集やワークシートは紙教材を中心とした教材構成になります。電子教材と紙教材を併用することにより、学習者の利便性が高まります。

※ 紙教材コースを選択した場合、すべて紙教材になります。コース初日に研修会場で配付します。

電子教材のメリット

  • 教材の持ち運びや収納が楽に!
    電子教材は、自宅や会社などのインターネット環境さえあれば、電子教材配信サービス(KnowledgeR@ck)からダウンロードして利用できます。そのため、研修会場から何冊もの重い教材を持ち帰る手間や、紙教材の収納場所に困ることがなくなります。
  • ペーパーレスでエコに!
    電子教材は省資源と環境に配慮したエコな教材です。
  • 用語の検索が簡単に!
    紙教材の場合、索引から調べたい用語を探していましたが、「それだけでは調べにくい」という声がありました。電子教材は、キーワード検索が可能なため、検索効率が上がります。

電子教材配信サービス ログイン

新入社員研修の電子教材活用イメージ

新入社員研修の電子教材活用イメージ

当社新入社員研修の電子教材のご留意事項など

  • 電子教材のご利用方法は、受講開始の3営業日前に、当社よりeメールにて送付します。
  • 電子教材はダウンロードしてご利用いただけます。ダウンロード開始日は、教材によって、以下の2パターンあります。
    • 講習会開始日の3営業日前からダウンロード可能
    • 講習会終了日の翌日からダウンロード可能
  • 電子教材のダウンロードを行う場合、必ず「電子教材利用規約」をお読みください。
  • お申込み時に受講者様のeメールアドレスを通知いただかない場合は、事前のダウンロード通知(eメール)は送信されません。(ご利用方法は、講習会当日にご案内します。)
  • 電子教材は、講習会終了後90日間ダウンロード可能です。それ以降のダウンロードはできませんので、ご注意ください。
  • 研修会場では、講習会中に利用する電子教材(PDF)が準備されています。
  • 研修会場で電子教材の印刷はできません。会社・ご自宅などで印刷された教材を研修会場へお持ちいただくことは可能です。