1. ホーム >
  2. 資格取得対応コース >
  3. 富士通ミドルウェアマスター認定資格 「FUJITSU Certified Middleware」

富士通ミドルウェアマスター認定資格 「FUJITSU Certified Middleware」ブランドの枠を超えたイノベーション領域の新資格へ! ~ミドルウェア技術者の頂点を目指しませんか?~

富士通ミドルウェアマスター認定資格とは

富士通が認定する、ミドルウェア製品の適用技術に優れるシステム技術者を対象にした資格制度です。
設計から開発/構築/運用/管理の高度な実践知識を駆使し、品質の高いシステムの適用ができる実践力を持つ技術者が認定されます。

設計から運用までの知識をお持ちの技術者の皆さん、実機を使用して実践力を試す、Master(マスター)資格にチャレンジし、「技術者の中の技術者」にステップアップしませんか?
本資格を取得することにより、富士通ミドルウェアの高度で専門的な技術力を証明でき、業務における実行力・推進力を高められます

「FUJITSU Certified Middleware」の新資格体系

Senior Master(シニアマスター)資格

富士通のミドルウェアでのシステム構築の技術と経験で各専門分野に影響を与えられる実践力を認定します。

Master(マスター)資格

富士通のミドルウェアを使用し、お客様の環境に最適なシステムを構築できる技術力を認定します。

Professional(プロフェッショナル)資格

富士通のミドルウェアでシステムを構築するための知識を認定します。
お客様の要件に対して最適な製品を選定/見積もりするための知識を認定します。

Associate(アソシエート)資格

富士通のミドルウェアの特長を説明できる知識を認定します。

Master(マスター)資格取得対応(前提)コース

資格取得に向け、下記コースにて必要スキルを習得していただけます。

資格試験名 コースコード コース名
富士通ミドルウェアマスター FUJITSU Certified Middleware Master アプリケーション基盤 V2 実習で学ぶ!上級者のための富士通アプリケーションサーバによる業務システム構築 (注1)
富士通ミドルウェアマスター FUJITSU Certified Middleware Master 運用管理(監視) V1 UUW45L Systemwalker活用によるシステム統合運用管理実践
富士通ミドルウェアマスター FUJITSU Certified Middleware Master 運用管理(自動化) V1
富士通ミドルウェアマスター FUJITSU Certified Middleware Master データベース V1 実習で学ぶ PostgreSQL DB構築と運用操作 (注1)
(注1)当コースは他社提供コース(富士通エフ・オー・エム株式会社)となります。
コース詳細やお申込等については富士通株式会社のWebサイトをご参照ください。

Master(マスター)資格受験コース

下記コースにて各Master資格を受験いただけます。
資格詳細情報やMaster以外の資格受験方法、および従来のブランド別資格(Interstage Certified 、Systemwalker Certified、Symfoware Certified)からの移行等については、富士通株式会社のWebサイトをご参照ください。

資格試験名 コースコード コース名
富士通ミドルウェアマスター FUJITSU Certified Middleware Master アプリケーション基盤 V2 UFM04L 富士通ミドルウェアマスター アプリケーション基盤 認定試験
富士通ミドルウェアマスター FUJITSU Certified Middleware Master 運用管理(監視) V1 UFM05L 富士通ミドルウェアマスター 運用管理(監視) 認定試験
富士通ミドルウェアマスター FUJITSU Certified Middleware Master 運用管理(自動化) V1 UFM06L 富士通ミドルウェアマスター 運用管理(自動化) 認定試験
富士通ミドルウェアマスター FUJITSU Certified Middleware Master データベース V1 UFM07L 富士通ミドルウェアマスター データベース 認定試験