1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. 情報セキュリティ関連コース

情報セキュリティ関連コース

『富士通セキュリティマイスター』研修シリーズ

昨今、テレビや新聞、インターネットで報じられているように企業や組織・団体において機密情報や個人情報などの漏えいをはじめとする、情報セキュリティ事件・事故が頻発し、その損害も年々増加をたどっています。そのため、事業経営では情報セキュリティリスクへの現状の施策が危惧されています。
特に事業・業務のICT化によりそのリスク対応は専門性の高い取り組みとなっており、また、内部犯行や業務内容の多様化によるヒューマンエラーに対する管理が複雑化してきています。このため、リスク対応の増加に対し、セキュアな事業・業務を維持強化するための人材育成やスキル向上を継続的に図っていくことがますます重要になってきています。

セキュリティイメージ

その育成の中で組織における情報セキュリティガバナンス力を向上させる情報セキュリティ管理者の育成が注目されています。独立行政法人 情報処理推進機構(以下 IPA)では、その管理者育成を支援するため、「情報セキュリティスキルアップハンドブック」や「情報セキュリティマネジメント試験」の提供が始まっています。

「情報セキュリティスキルアップハンドブック ~情報セキュリティマネジメント人材育成のために~」

テキストと演習問題現場部門で情報セキュリティマネジメントを推進する役割を担う人材(情報セキュリティ管理者)に注目し、その役割と業務を定義した上で、必要なスキルと育成のための研修ロードマップを提供します。各社での情報セキュリティ管理者の育成に向けた参考書として活用いただくことを目的としています。
また、平成28年度から開始予定の情報処理技術者試験の新試験区分「情報セキュリティマネジメント試験」の対象者像を踏まえ作成しています。同試験の受験をご検討の方の学習の指針としてもご活用いただけます。


(出典:IPA「情報セキュリティスキル強化についての取り組み」( http://www.ipa.go.jp/jinzai/hrd/security/index.html )

テキストと演習問題情報セキュリティマネジメント試験

社会ニーズの高まりを背景に、政府の『「日本再興戦略」改訂2015』(平成27年6月閣議決定)や経済産業省 産業構造審議会で示された方向性を踏まえて、国家試験「情報処理技術者試験」の新たな試験区分として創設されました。
(平成28年度春期から試験開始。春期(4月)、秋期(10月)の年2回実施。)


(出典:IPA「情報セキュリティマネジメント試験」( http://www.jitec.ipa.go.jp/sg/ )

おすすめ研修コース・関連研修コース

情報セキュリティ管理者向け 利用部門向け 情報システム部向け

情報セキュリティ管理者向け

当社の情報セキュリティ管理者コース体系は、IPAの「情報セキュリティスキルアップハンドブック」のスキルスコープに対して、当社で培ってきたオリジナルの研修ノウハウをミックスし、2種類のスキルカテゴリで学習できるよう構成しています。
情報セキュリティ管理者のスキル修得だけでなく、「情報セキュリティマネジメント試験」の準備にも活用できます。

セキュリティイメージ
【おすすめ研修コース】
情報セキュリティ対策実践シリーズ 基礎から学ぶセキュア環境構築・運用入門編(USA04L)
基礎から学ぶISMS実践トレーニング~ポリシー、リスク分析、PDCA、認証基準~(UZE49L)
【関連研修コース】
ISMS内部監査実践トレーニング~ロールプレイングによる監査実務スキルの修得~(UZE50L)
セキュリティイメージ

当社の情報セキュリティ管理者研修の基本コンセプトは、信頼されるサービスを持続的に提供するためには、セキュアな事業・業務活動が維持されていることが必要であり、それを維持するためには信頼されるガバナンス・システムと、その仕組みを効率的に実現するためのマネジメントが重要と考えています。
特にその実現においては、日々の対策の有効性が持続できるよう情報セキュリティポリシーに則って確実に情報セキュリティ管理者に推進してもらう必要があります。そのためには、情報セキュリティ管理者の育成が重要不可欠であるため、実践的な研修をご提供しています。

利用部門向け

サイバー攻撃に対する感度の向上

攻撃者の様々な手口(標的型メール攻撃、水飲み場型攻撃など)や、攻撃が組織に与える影響(サービス停止、社会からの信頼失墜など)について、社員・職員全員が正しく理解していること

組織全体でセキュリティに取組む風土作りとその浸透

日々の業務の中で、何か怪しい、何か違和感を感じたら、社員・職員同士で声を掛け合う、セキュリティ部門にエスカレーションする、といった組織風土を作り、それを組織全体に浸透させること

【おすすめ研修コース】
体験型eラーニング~日常業務での情報漏えい対策(一般社員向け)~(UEL10B)
やらなきゃ大変!初心者のための情報セキュリティ対策入門(eラーニング)(UEL11D)
セキュリティマインドアップ研修~心のセキュリティ~(USA13L)
【関連研修コース】
組織を守る!あなたを守る!!情報セキュリティリテラシー向上セミナー(USA14L)
セキュリティマインドアップ研修~不正に至る心情分析~(USA15L)
セキュリティマインドアップ研修~ソーシャルリスクフォロー~(USA16L)
セキュリティマインドアップ研修~TRIZマインド分析~(USA17L)

情報システム部向け

インシデント発生時における実戦対応力の強化

サイバー攻撃を受けた際の手順を確立する、実践的な訓練を実施するなど、インシデント発生時にスピーディーな対応ができること

セキュリティベンダーと連携するための知識・スキルの習得

各種相談・対策協議・解決に向けた議論や協働を、サポートを委託するセキュリティベンダーと実施する際に必要な前提知識やスキル(サイバー攻撃に関する勘所や専門用語)を身に付けること

【おすすめ研修コース】
情報セキュリティ対策実践シリーズ 基礎から学ぶセキュア環境構築・運用入門編(USA04L)
情報セキュリティ対策実践シリーズ Webアプリ開発におけるセキュリティ入門編(USA11L)
情報セキュリティ対策実践シリーズ 実機で学ぶネットワークセキュリティ編(UAY97L)
情報セキュリティ対策実践シリーズ 実機で学ぶLinuxサーバセキュリティ編(USA03L)
【関連研修コース】
セキュリティ技術者育成(UAZ07L)
サイバー攻撃におけるインシデント対応~疑似環境を用いた解析~(UAZ03L)