1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. Windows Server 関連コースのご紹介

Windows Server 関連コースのご紹介

Windows Server 2012 / 2016 を効率的に習得できるコースをご紹介します。

Windows Server 2016 の技術を短時間で習得するコース

コースコード コース名 期間
UCV45L Windows Server 2016新機能と差分 1日間

Windows Server 2016の新機能と変更点を短期間で学習したい方におすすめ!
Windows Server 2012との代表的な差分について、実習をまじえて学習します。

コースコード コース名 期間
UCV54L Windows Server 2016 の基礎 2日間
UCV53L Windows Server 2016 Hyper-Vの管理 2日間

Windows Server 2012 の技術を短時間で習得するコース

コースコード コース名 期間
UCV29L Windows Server 2012の基礎 2日間

これからWindows Server 2012を導入 / 管理する方におすすめ!
Microsoft認定教材に加え、当社オリジナルテキストも併用し、Windows Server 2012の製品の特徴、導入後の基本構成(ネットワーク設定、アカウント設定、セキュリティ設定など)、サービスの導入フロー、OSとサービスの管理(障害対策、監視など)機能について、実習をまじえて学習します。

コースコード コース名 期間
UCV28L Windows Server 2012 Active Directoryの管理 3日間

Windows Server 2012のActive Directoryを導入 / 管理する方におすすめ!
Active Directoryの構築やオブジェクトの管理、グループポリシーでの制御からバックアップまでの環境構築実習をとおし、Active Directoryの基本的な仕組みから、構築、運用管理までを学習します。

コースコード コース名 期間
UCV27L Windows Server 2012 Hyper‐Vの管理 2日間

Windows Server 2012のHyper-Vを導入 / 管理する方におすすめ!
Hyper-Vによるサーバ仮想化の概要から構築、管理を、Windows Server 2012での強化点を含め、実習をまじえて学習します。 Hyper-Vの単体構成とクラスター構成の環境や、System Center 2012の概要も説明します。

MCP対策などWindows Server 2012 の高度な知識を幅広く習得するコース

コースコード コース名 期間
UCV37L Windows Server 2012 のインストールおよび構成 5日間

Windows Server 2012の構築や展開を検討されている方、MCP 70-410を受験予定の方におすすめ!
Windows Server 2012のインストールやActive Directoryの構築、記憶域やファイルサービス、Hyper-Vの実装方法などを実習を交えて学習します。
※本コースは、マイクロソフト社認定コース(ID #23410)です。

コースコード コース名 期間
UCV23L 高度なWindows Server 2012 サービスの構成 5日間

Windows Server 2012が持つ様々な機能をより高度に使いこなしたい方、MCP 70-412を受験予定の方におすすめ!
高度なネットワークやファイルサービスの実装方法、Active Directoryの証明書サービスやRights Managementサービス、フェデレーションサービスの実装、NLBやWSFCといった高可用性環境の実装などを実習を交えて学習します。
※本コースは、マイクロソフト社認定コース(ID #23412)です。

Windows Server 2012の強化機能例

Windows Server 2012は、Windows Azureなどのクラウドサービスのノウハウを活かし、物理サーバ用OSとしての使い方だけでなく、プライベートクラウドでの利用も視野に入れており、中小規模環境だけでなく、大規模環境でも十分に対応できるスペックや機能を備えています。

[飛躍的な進化を遂げたHyper-V]

Windows Server 2008から搭載されたHyper-Vは、使い勝手はよいのですが、機能やスペック面では他社仮想化製品に出遅れていた状況がありました。
Windows Server 2012では、特徴である使いやすさはそのままに、機能追加やスペックの向上が実現され、他社仮想化製品と比べても遜色ないものに仕上がっています。

[ストレージ基盤へと進化したファイルサービス関連機能]

Windows のファイルサービスのベースとなっているSMBプロトコルの強化や、ストレージ装置に搭載されているような重複除去(デデュプリケート)など、より大規模なストレージ環境に対応できるよう、強化されました。

上記以外にも、操作画面を含め、多くの変更が行われていますので、自社内やお客様への展開などが必要となる方は、ぜひ、当社が提供するコースをご活用ください。