1. ホーム >
  2. おすすめコース >
  3. ビジネスメールスキルアップ研修~E-mail環境だけで学べる文章力研修~

ビジネスメールスキルアップ研修~E-mail環境だけで学べる文章力研修~

業務を遂行する上で、いまやE-mailはコミュニケーションツールとして重要な役割を担っています。
若手社員が上司や先輩社員、お客様や関係者との間で幅広く活用するE-mailは、利便性が高い反面、互いの顔が見えないツールであるために、思い違いや誤解を生みやすいという特性も持ち合わせています。
本コースでは、豊富な実務テーマによるE-mail課題の提出を通じて、E-mailの特性をふまえた円滑なコミュニケーションを実現するコツを体得します。

コース開発背景とコースの特徴

今や業務にかかせないツールとなったE-mail。
便利な反面、発信者の思いが伝わらず誤解を受けたり、メールを読んだ後、受信者が何をしたらよいのか困惑したりと、E-mailにまつわる苦労や小さなトラブルは後を絶ちません。
一方、業務の現場では、若手社員を指導する立場の上司や先輩が忙しく、業務の進め方を指導するだけで精一杯、ビジネスメールに関する指導にまで手が回らないとの声もあがっています。

このような現場の声から、若手社員の文章力向上を目的としたOJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)を支援する、E-mail文章力の徹底トレーニングコースを開発しました。
E-mailを書く機会を多く得ることで、E-mailを用いた効果的な業務の進め方を修得できるメリットもあります。

現場における学習内容の活用

受講者の皆さんに取り組んでいただく演習課題は、全て若手社員が遭遇しがちなリアルな業務シーンに基づいて構成されています。
本コースの課題作成を通して、様々な業務シーンに直面し、状況を考え、それにふさわしいE-mail文を書いていきます。
自身の業務の進め方について改めて考えるきっかけにもしていただけます。

また、E-mail課題の提出時、上司や先輩方をCC(写し)に入れて送信していただくことも可能です。
受講者の上司や先輩方には受講者へアドバイスや取り組みを見守っていただくことで、職場におけるコミュニケーションの推進につなげていただくことを期待します。

ビジネスメールスキルアップ研修~E-mail環境だけで学べる文章力研修

演習の特徴

“携帯メールは書けるが、ビジネスE-mailは不慣れ”という世代のビジネスパーソンにおすすめします。

本コースでは、業務の非効率や支障の原因となる困ったE-mailを書かないために、繰り返し書くことによって文章力を身につけていただきます。
E-mail文作成の題材として、業務シーンを想定した豊富なケース課題をご用意しています。 受講者の皆さんはE-mail文を作成し、実際にE-mailで提出します。

課題数は、全15回です。(1週間に1課題のペースです)
課題は、受講者のE-mailアドレス宛にお送りします。

(注)本コースでは、テキストは用意されておりません。
また、各受講者の方への添削は、おこなっておりません。

演習内容

E-mail課題のテーマ例です。
【社内編】
  • 社内イベントへの参加を呼びかける
  • 業務成果をアピールする
  • 同僚や後輩から助言、アドバイスをもらう
  • 相手の誤解をとく
  • 上司に力添えを依頼する など
【社外編】
  • 顧客向けイベントのご案内をする
  • 講演を依頼する
  • トラブルに関するお詫びをする
  • 先方からの依頼に対するお断りをする など
演習内容は、予告なく一部変更させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。