1. ホーム >
  2. 2014年下期開催コース 申込み受付開始!

2014年下期開催コース 申込み受付開始!

2014年下期(2014年10月~2015年3月)開催コースの申込み受付を、7月中旬より開始いたしました。

2014年下期も引き続き、「クラウド技術」、「ビッグデータ」、「モバイルコンピューティング」、「ビジネスプロデュース」、「セキュリティ」に注目し、これらの人材育成をご支援すべく、新たなコースをまじえ、多数のコースをご用意しております。ぜひ、当社研修サービスをご用命賜りますよう、お願い申し上げます。

また、「グローバルSE育成」、「階層別研修」も、オンサイト・トレーニング(お客様個別開催研修)で開催いたします。詳細は、お問合せください。

クラウド技術関連コース

[コースマップ]【注目カテゴリ】 クラウドコンピューティング

クラウドイメージクラウドサービスを利用するだけでなく、自社の情報システムを取り入れた「プライベートクラウド」を構築する企業も増えています。

当社では、プライベートクラウド構築のためのOSS代表格である「CloudStack」「OpenStack」を体験するコースや、現在世界190ヵ国・数十万に及ぶビジネスで活用されているパブリッククラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」の内容を、Amazon認定コースとして提供しています。

プライベートクラウド構築技術を体験するコース

体験!CloudStack(UBS58L) 体験!OpenStack(UBS59L)
プライベートクラウド構築のためのOSSであるCloudStackとOpenStackをそれぞれ1日で体験操作できるコースです。1人複数台を使用した実習環境をご用意しており、体験してみたいという方におすすめのコースです。

Amazon Web Services (AWS) 認定資格にも対応した認定トレーニング

Amazon Web Services 実践入門 1(UBS64L)
Amazon Web Services(AWS)をこれから使い始めるという方に最適!
ハンズオンを通じて、基本的な多層構成Web アプリケーションシステムの構築を行いながら、AWSの主要サービスの基本機能を学習します。AWS上でのベストプラクティスなアーキテクチャー体験をとおし、受講後、AWS上でシステムを設計、検証、構築が行える実践的なコースです。
Developing on AWS(UBS67L)new
AWSプラットフォーム上でアプリケーション開発を始めるという方に最適!
AWS でアプリケーションを開発するにあたっての基本概念とプログラミングの基礎を理解し、AWS プラットフォームでの効率的なコード開発とデプロイの方法を学習します。

ビッグデータ時代の人材育成コース

[コースマップ]【注目カテゴリ】 ビッグデータ

ビッグデータイメージ莫大な量のデータや、ツイッター、GPSといったリアルタイム性のある様々な外部データと企業内データからタイムリーに「変化を察知」し、ビジネスの「将来予測」を行い「新たな価値」を創出する能力を持つ人材として、「データサイエンティスト」が必要とされ、各企業において、その育成が急務となっています。

当社では、データサイエンティストを「企業のビジネス上の課題を発見し、データを分析することで、解決策を見出し実行することができる人材」と定義づけ、知識ベースのスキルを修得するコースや、ビッグデータ利活用コースを提供しています。

データサイエンスの基礎~データの収集、分析、評価~(UBS57L)
社内外に溢れるさまざまなデータをビジネスに活用するための方法論「データサイエンス」について学習します。講義と演習を通じて、データ活用のためのアイディアの発想法からデータ分析の手法、結果の検証と施策の立案までの一連のプロセスを学習できます。

モバイルコンピューティング関連コース

モバイルイメージスマートデバイスの業務活用では、端末特性を活かしたアプリケーション開発を行うことが重要です。さらに、キャリア網などの種々のネットワークへの接続、端末の管理など、セキュリティなどを考慮した上で、モバイルシステムとして実現していく必要があります。

当社では、モバイル技術の全体像を良く理解した上で、ワークスタイル変革を実現するためのスマートデバイス活用を考えられる人材育成をご支援するコースを提供していく予定です。

モバイル技術の全体像を理解するコース

モバイル技術の基礎(UJS01B)

アプリケーションを開発するコース

体験!モバイルアプリケーション開発(UFN38L)new
モバイルアプリケーションの開発方式として「ネイティブアプリケーション」、「モバイルWebアプリケーション」、「ハイブリッドアプリケーション」が挙げられます。 本コースでは実際にアプリケーションを開発し、実機(Android端末)で動作確認をしながら、それぞれの開発方式の違いやメリット・デメリットを確認していきます。

モバイル基盤を構築・運用するコース

エンタープライズスマートフォン(BYOD編)(UJE72L)new
エンタープライズスマートフォン(システム構築編)(UJE73L)new
BYOD編では、企業へのBYOD導入の検討ポイントを明確にするとともに、スマートデバイスやBYODソリューションの特徴や導入ケースについて学習します。
システム構築編では、メール・グループウェアなどのコミュニケーション環境や、安心・安全に社内アクセスする環境について、講義と実機演習を交えて学習します。

ビジネスプロデュース

[コースマップ]【注目カテゴリ】 ビジネスプロデュース

「お客様の新しいビジネスを創造するためにヒト・モノ・カネを動かす力のある人」、「自社ビジネスの変革のために多くの関係者を巻き込んでいく推進力のある人」であるビジネスプロデューサーという人材像が世の中で注目されています。当社では、ビジネスプロデュース力を鍛えるコースをご用意しています。

ビジネスモデルの基本(UAU53L)

「ビジネスモデルの基本」の上位にあたる、新たなサービスや商品を企画するための実践的なワークショップ「Business Co-Creating Workshop(BCCワークショップ)」も、オンサイト・トレーニングとして開催しています。

セキュリティ技術関連コース

[コースマップ]サイバー攻撃対策

セキュリティイメージこれから情報セキュリティに携わる方、利用部門における情報セキュリティ対策を修得したい方、情報セキュリティマネジメントシステムの構築や内部監査に関するスキル、ネットワークセキュリティシステムの構築スキルやWebアプリケーション開発におけるセキュリティに関する技術を修得したい方など、部門や役割に応じて様々なコースを提供しています。
2014年下期は、未知のサイバー攻撃に対するセキュリティ人材の育成を全面的にご支援すべく、富士通グループの経験やノウハウを結集した新たなコースを多数ご提供いたします。

システム開発者向けコース

セキュリティ技術者育成(UAZ07L)new
システム管理やシステム検査を行っている技術者を対象にした、セキュリティ管理やペネトレーションテストを中心としたトレーニングコースです。Windowsを前提にハッカー、マルウェアの典型的な攻撃パターンを広くカバーし、演習では各種ツールの効果的な使用方法や、システム侵入テストの手法を修得します。
サイバー攻撃におけるインシデント対応~疑似環境を用いた解析~(UAZ03L)new

セキュリティエキスパートスキル

セキュアWebアプリケーション開発講座(UAZ04L)new
マルウェア動的解析(UAZ08L)new
企業内での新種マルウェア発見時に、その場で動的に解析、最新のマルウェアがどういった動きをし、どのような被害を及ぼすのかを把握する技術を身につけることができます。