1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ISリーダーのための他流試合プログラム

ISリーダーのための他流試合プログラム

“井の中の蛙を脱却する”をコンセプトに、異業種企業の情報システム部門のリーダー同士が対話と討議を通じて意識と行動を変革するプログラムです。

リーダー人材 変化に対応し続ける強い組織の姿を徹底的に討議しながら組織の中期計画を創り上げていきます。
同じ立場の他社との対話は、常識や制約を解き放ち、自らの価値基準を見直す最良の契機となります。
互いの目的意識を刺激し合うことで未来に立ち向かう「志と思い」を再構築し、組織目線へと視座を高めます。


コース概要

狙い
  1. 他社の組織風土や個人の考えを知り、自社組織と自らを省みることで、客観的・俯瞰的な組織視点を獲得する。
  2. 情報システム部門ならではのリーダー像を他社と考え抜くことを通じて、部門の在り方や自身のリーダーシップとマネジメント力の強化点を設定できる。
  3. 自身の常識や自社の風土を自ら変革していくための視点・考え方を獲得する。
  4. 前提や制約、常識に縛られない魅力ある構想・提案を作り出す。
対象 情報システム部門のプロジェクトリーダー格(選抜者を想定)
日数 全5日間(概ね2週間間隔で開催。全体で約2ヶ月間)
人数 9名 (1社1~3名 × n社) ※ 1社3名 × 3社が最適
価格 お一人様 300,000円(税別)
留意点 事前課題あり
場所 品川ラーニングセンター
 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟 10階 CO☆PIT地図
CO☆PIT(こぴっと)は、個人の成長と組織の成長をお客様とともに実現するフューチャーセンター型の独自の空間です。
お問い合わせへ

カリキュラム

*開催時間:9:30~17:30(各日とも)
他流試合の風景

お客様からの声

  • 今まで考えたことが無い新しい発見の連続だった。それをリーダーとして自分と組織に落とし込むことが大切と痛感した。
  • 職場において、メンバーの個性を大切にすることを意識し始めた。
  • 部門長と組織運営について真面目に話す機会ができて本当に良かった。今まで視線が低かったことを痛感した。
  • 部門長の視点で考えて、再びリーダーの視点に戻ったとき、視界が広がったような気がした。
  • 組織に焦点を当てることを通じて、これまで考えた事のない視点で頭を使った。目線を一段上げる感覚をつかめた。
お問い合わせへ

関連リンク

ビジネスモデルの基本

ビジネスモデルが着目される背景や、ビジネスモデルを検討するための思考ツール、表現ツールを学び、ワークショップを通じて、ビジネスを俯瞰する力を身につけるコースです。

ビジネスモデルの基本

階層別研修

自らの価値を向上していくための体質作りを行うために、期待される役割の先にある、自らの貢献価値を高めるための成長基盤を強化する研修です。

富士通ラーニングメディアが提供する階層別研修

Business Co-Creating Workshop(BCCワークショップ)

新たなビジネスを創出するための実践的ワークショップです。
ビジネスモデル・キャンバス、デザイン思考、ストーリーテリングなどを駆使し、他社参加者とのコラボレーティブワークの中で、新たなビジネスモデルのプロトタイプを創り出します。

Business Co-Creating Workshop(BCCワークショップ)

R.E.A.L.プログラム

現実の課題に身を置き(Real)、本気で議論し、解を見つける中で(Earnest)、意思決定し、主体的に行動できる能力を(Active)、身につける(Learning)プログラムです。

R.E.A.L.プログラム