1. ホーム >
  2. イベント・セミナー一覧 >
  3. 【無料セミナー】デジタル時代にトヨタ流マネジメントを活かす~TMS(Toyota way Management System)体験セミナー~

【無料セミナー】デジタル時代にトヨタ流マネジメントを活かす

【無料セミナー】デジタル時代にトヨタ流マネジメントを活かす
~TMS(Toyota way Management System)体験セミナー~

シリコンバレーを中心としたベンチャー企業や欧米などの製品やサービスにおけるデジタルトランスフォーメーションの波が日本に押し寄せています。早いサイクルで仮説・開発・検証を繰り返し、製品やサービスを市場に投入した場合の
問題点を早い段階で洗い出し改善していく自律的なチームや組織体質を作り上げるのが急務となっています。
そのような中、これからのITエンジニアは、技術だけでなく、お客様の視点で顧客価値を作り込めることができる人材が市場価値が高いと言われています。

トヨタ流のマネジメントは、スキル教育としての「デザインシンキング」「アジャイル・スクラム開発」などの源流で
あり、営業部門やサービス部門、開発部門などすべての組織に共通のプラットフォームを形成します。
各組織に「マネジメント標準」を導入することで、組織間の仕事のバラツキを根本的に解消し職場活性化を促進すると
同時に、高い経営的成果を生み出すことができるようになります。

ご多忙とは存じますが、ぜひともご参加賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


開催概要

日程 2018年12月14日(金)
時間 14時30分~17時(受付開始:14時)
場所 品川ラーニングセンター
 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟10階地図
対象 経営企画部門・人事・人材開発部門のマネージャー/リーダー、働き方改革の推進者、
チームやプロジェクトを成功に導きたい組織のマネージャーやリーダーの方
定員 24名
参加費 無料
お申込み お申込みフォーム

プログラム

◆ 海外で広がっているリーンマネジメントについて

海外企業が取り入れているLeanの動向をご紹介いたします。

◆ TMS(Toyota way Management System)とは

トヨタ自動車の組織文化などを研究し、短時間に組織を開発し職場を活性化すると同時に経営的成果を出す、TMS研修プログラムについて解説いたします。

◆ TMS体験(1)振り返りワークショップ

TMSはアジャイル開発やリーンスタートアップ、デザインシンキングなどのベースとなるようにデザインされています。その核となる「振り返り」について体験していただきます。

◆ TMS体験(2)マネジメントの標準書(Visual Board)ワークショップ

チームが一体となって自律的なマネジメントを行うことで管理工数をほぼ0に近づけます。自律的なチームを育成するためのしくみ、しかけの作り方を学ぶことで自身のマネジメントを振り返ります。

豊田マネージメント研究所副社長 高木 徹氏 株式会社豊田マネージメント研究所、副社長
高木 徹 氏

プロフィール
世界的経済誌フォーブスが2017年の優良企業として評価した唯一の企業であるトヨタ自動車を15年間研究し続け、そのDNAを他社に移植している。富士通で自律改善推進室プロジェクト部長(カイゼン塾塾長)として、1000人以上の塾生を輩出し、トヨタ自動車(基幹職)では問題プロジェクトの撲滅に貢献。日本では大手企業から中小企業までを幅広く指導し実績を残している。2010年には米ボーイング社を指導し、中国・韓国・タイ・ベトナムなどの海外企業に対しても指導の幅を広げており日本式経営(マネジメント)を輸出している。

※プログラムは変更になる場合があります。

お申込み方法

お申込みフォームからお申し込みください。

お申込みフォーム お申し込みフォーム
(注1)1社2名様までのご参加とさせていただきます。
(注2)お申込み後、一両日中に参加票をE-mailまたは当社担当者よりお送りいたします。
(注3)同業者の方のお申込みはお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

株式会社富士通ラーニングメディア
お客様総合センター
Tel:0120-55-9019
※お問合わせ時間:9時~17時30分(土曜、日曜、祝日を除く)

メールマガジン『KnowledgeWing通信』(KW通信)のご案内