1. ホーム >
  2. イベント・セミナー一覧 >
  3. 体験型ワークショップ「障害者と共に働く職場づくり~合理的配慮に向けてICTができること~」

【無料】体験型ワークショップ「障害者と共に働く職場づくり~合理的配慮に向けてICTができること~」(大阪)

当無料セミナーは、終了いたしました。多くの方のご参加、誠にありがとうございました。

『ワークショップ パンフレット』(769KB)

2016年4月施行予定の「改正障害者雇用促進法」「障害者差別解消法」など、国レベルで共生社会の形成に向けた積極的な取り組みが進められています。富士通グループでも、ICTによる聴覚障害者参加型コミュニケーションツールとして「FUJITSU Software LiveTalk」(*1)の販売を開始しました。現在、月100件を超えるお問い合わせがあります。
お客様からは、「法改正や合理的配慮について理解・整理しきれていない。」「ICTをうまく活用していきたいが、何ができるのかよくわからない。」という声をいただいています。

こうした背景から、実際にICTを体験しながら、職場での活用シーンを想像し、 ICTができることを考え、多様性を尊重し合える職場づくりを目指した体験型ワークショップを開催します。
ご多用とは存じますが、ぜひ、この機会にご参加賜り、共生社会の形成に向けて共に一歩を踏み出せたらと存じます。

なお、当セミナーにご参加いただいた方は、多様性eラーニング「障害者と共に働く職場づくり~合理的配慮への対応~(基礎知識編・ケーススタディ編)」を無料でご受講いただけます。

(*1)障害者が「手軽に」「リアルタイムに」会議や会話に参加出来ることを目指したコミュニケーションツール。
音声認識技術とテキスト収集機能により、パソコン上で会議や会話を再現できます。
『LiveTalk パンフレット』(717KB)

開催概要

日程 2015年9月4日(金曜日)
時間 13時~17時30分 (12時30分 受付開始)
場所 関西ラーニングセンター
 大阪府大阪市中央区城見2-1-61 TWIN21MIDタワー 12階地図
対象 合理的配慮に関心のある人事部門、現場部門の部門長、およびマネージャー、ご担当の方
定員 約25名
参加費 無料(事前予約制)
特典 参加の方全員、多様性eラーニング「障害者と共に働く職場づくり~合理的配慮への対応~(基礎知識編・ケーススタディ編)(*2)」無料受講付き
主催 富士通株式会社
協力 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
企画/運営 株式会社富士通ラーニングメディア
(*2)東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センターと共同開発した研修プログラム。
法改正に向けて企業や組織に必要な知識や考え方、判断基準などが効率よく修得できます。

プログラム

1.合理的配慮に向けて企業が取り組むこと

京都府立聾学校 中学部 教務部長 西尾竜次郎 先生より、聴覚障害のある生徒たちの実態とICTへの期待について、講演があります。

セミナーのようす 2.ICTツール体験

LiveTalkを実際にご体験いただき、具体的な活用イメージを持っていただきます。(グループワーク)

3.ワークショップ

合理的配慮への対応について、ブレーンストーミングを行いより多くのアイディアを出します。
模造紙にイメージを具体化していきます。その後、発表、共有・意見交換を行います。(グループワーク)

4.ラップアップ

自職場における合理的配慮に対する気づきを共有します。

※ プログラムは変更になる場合があります。

お申込み方法

当無料セミナーは、終了いたしました。多くの方のご参加、誠にありがとうございました。

(注1)お申込み後、一両日中に参加票をE-mailまたは担当者よりお送りいたします。
(注2)同業者の方のお申込みはお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。
(注3)ご登録いただいたE-mailアドレスに、多様性eラーニング「障害者と共に働く職場づくり ~合理的配慮への対応~(基礎知識編・ケーススタディ編)」の受講案内をお送りします。
(注4)原則1社2名様までのご参加とさせていただきます。


お問い合わせ

株式会社富士通ラーニングメディア
お客様総合センター
Tel:0120-55-9019
※お問合わせ時間:9時-12時、13時-17時30分(土曜、日曜、祝日を除く)

メールマガジン『KnowledgeWing通信』(KW通信)のご案内