1. ホーム >
  2. ブログ ~人材育成最前線~ >
  3. 2017年12月記事一覧

2017年12月記事一覧

みなさん、こんにちは。
富士通ラーニングメディア 新人育成サービス部の菅原です。

 

イメージ画像

プロフィール

菅原 良介(すがはら りょうすけ):

講師経験:8年(担当分野:アプリケーション開発)、営業経験:2年(担当業種:金融系)を経て、現在、新入社員研修を中心に若年層研修のコーディネーターを担当。
3年程前からランニングを始め、年に何度かマラソンの大会にエントリー。運動後の食事とお酒を楽しみに、日々の業務と週末のトレーニングに勤しむ。

 

(2017_Finish時)

 

先日、2年ぶりにホノルルマラソンへ参加してきました!
フィギュアスケートの浅田真央さんの参加が話題になっていましたが、浅田さんは目標の4時間30分をほぼ達成されていて、アスリートの底力を感じました。私は足元にも及びませんが、一応、自己ベストは更新できました。沿道で応援していた方が持っていた「You are All Winners!」というメッセージボードが印象に残っています。

さて、いきなり余談から始まってしまいましたが、前回のコラム「Java それとも C#?新人育成担当者の悩みはつきない・・プロが語る新人研修検討のポイントとは!?」はご参考になりましたでしょうか?
今回は「最近のデジタルネイティブ世代(※)に対する指導方法」というテーマについて、お話していきます。

 

<デジタルネイティブ世代の新入社員のエピソード>

【Episode 1】

  • 大学の卒業論文は、スマホにフリック入力で下書きし、最後だけPCを使用してWordに清書する。

【Episode 2】

  • 4月からの新人研修へ向けた事前課題を動画コンテンツに変更したら、取り組み状況が大幅に改善された。

【Episode 3】

  • 研修期間中に講師が個別に伝えたアドバイスが、現場でも支えになり、後日、育成ご担当者様経由で新入社員から御礼のメールが届いた。


<デジタルネイティブ世代の特徴>

上記は一部のエピソードですが、最近のデジタルネイティブ世代の特徴として、以下のようなことをよく聞きます。

  • PCよりもスマホ/タブレット
  • 文字入力といえばフリック
  • Webでの検索が得意
  • 動画に馴染みがある
  • 短文ベースのメッセージでテンポの良いコミュニケーションを好む

また、上記の最後のエピソードから、

  • 個別に伝えられたメッセージは、より自分事として捉えてくれる

という特徴もあるようです。


<デジタルネイティブ世代に対する指導方法・対処法>

職場ではPCの操作や、Officeの使用、メールや文書の作成が求められますが、上記の特徴から、デジタルネイティブ世代はこれまであまり経験がなく苦手/自信がないという人が多いように感じます。
また、このことは本来習得してほしいITスキルなどの学習に影響が出ることもあります。これはもったいないですよね!
いずれも、できれば入社まで(遅くとも入社後すぐ)に身につけておきたいスキルです。

これらの習得を促すには、とにかく手を動かす機会を設け、経験させることが重要です!
新入社員研修の序盤に「Office」「文書作成」の学習や、キーボードのタイピング練習を取り入れるお客様が増えています。
また、最初にインプットするだけでなく、研修期間中に日報や週報を作成しフィードバックを受け改善するなど、継続してアウトプットやPDCAサイクルを実践する機会を設けることも必要です。

また、個別のフィードバックも重要ですね!時間はかかりますが、一人ひとりにメッセージが刻み込まれ、今後の大きな支えになると思います。


<最後に>

最後に、デジタルネイティブ世代へオススメのコースをご紹介します。

・ICT基礎知識(eラーニング)
 内定者のためのシリーズ(コンピュータ基礎データベース基礎ネットワーク基礎サーバ基礎

・Office(eラーニング)
 よくわかるシリーズ(WordExcelPowepoint

・文書作成(eラーニング:文書添削コース)
 文章力を鍛える! ビジネス文書作成トレーニング【文書添削】

・動画で学習(e講義動画)
 アルゴリズム(ロジック研修~アルゴリズム編~) など

 

<参考サイト>

入社員研修の準備に最適なプラン

動画で学びたい人に最適なプラン

e講義動画

【コラム】【文章力を鍛える!】添削担当者が語る文章改善のポイント1~一文をわかりやすく書く~

無料相談会「2018年度新入社員研修」

※デジタルネイティブ(世代) (digital native)
学生時代からインターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた世代であり、日本では1980年前後生まれ以降が該当するとされる。

 

今回のコラムのような皆様のスキルアップに役立つ情報や、お得なキャンペーン、無料セミナーなどのご案内情報を、メールマガジン(毎週木曜)で配信しています。
この機会にぜひご登録ください。

メールマガジン登録へ

 

みなさん、こんにちは。

富士通ラーニングメディアの中山です。主にJava、C言語の研修を担当しています。
今回は、新入社員または新入社員の育成を担当されている方からこの時期に寄せられる声について考えてみたいと思います。

 

イメージ画像

ちなみに、私はこんな人

Java、C言語の研修を担当しています。
これまでさまざまなシステムの開発に携わり、保守、運用業務なども経験してきました。
現在は講師として、開発経験を活かしています。
趣味は城巡り。今まで170城ほどの城跡を訪れました。

 

  

そろそろ今年も終わりますね。
4月に入社した新入社員も配属先で本格的にシステム開発をしている時期でしょうか。

この時期、配属された新入社員、入社2年目以降の若手社員、新入社員の育成を担当されている方から、のような声をいただくことがあります。

  • 新人研修で もっと多くWebアプリケーションの 実習をしたかった
  • Webアプリケーションの開発担当になったので、スキルを身に付けるために研修を受けたいけれど、 まとまった時間が取れない
  • 新人研修でWebアプリケーションを学習したけれど、 スキルが定着していないようだ

 

イメージ

・・・

どんなプログラミングスキルも講義を聞いただけ、本を読んだだけではなかなか定着しません。
実際に手を動かしてプログラムを作成し、コンパイル、実行、デバッグを繰り返すことで、スキルが定着していきます。

 

イメージ

 

ここで、Webアプリケーションのプログラミングを自主学習してみよう!と思ったみなさん。ですが、すぐに自主学習を始められる方は少ないのではないでしょうか。
なぜならば、Webアプリケーションの自主学習をする前には壁があるのです。
Webアプリケーションの自主学習をする前には、Webアプリケーションが開発・実行できる環境を構築しなければなりません。具体的には、Webサーバー、データベース管理システムのインストール、各種設定など、手間の掛かる作業をいくつもしなければならないのです。

イメージ

通常の開発現場では、経験者が開発環境を構築し、初めてプロジェクトに参画するような若手社員はその環境を使うことで、アプリケーション開発に専念できます。でも自主学習をする場合は、経験者がやるような開発環境の構築を一から自分でやらなければなりません。これがWebアプリケーションの自主学習をする前の壁になります。

プログラミング経験の浅い方は、開発環境を構築する段階で挫折してしまうこともあるのではないでしょうか。
開発環境を構築できないためにWebアプリケーションの学習は机上のみ、プログラムを書いたけれど実行できない、という方は少なからずいらっしゃいます。

イメージ

そんな壁を取り除くため、弊社ではクラウド上にWebアプリケーションの開発環境およびショッピングサイトを構築するための実習問題をご用意しました。
クラウド上の開発環境を使用するため、場所や時間を選ばず、アプリケーション開発に集中できます。また、多くの実習問題を解くことでWebアプリケーションの開発スキルを向上できます。

イメージ

 

Javaでデータベースアクセスを行うWebアプリケーションのプログラミングスキルを身に付けたい方、是非、

【クラウドラボ】実機で徹底!JavaによるWebアプリケーション編

の受講をご検討ください。

 

イメージ

 

【クラウドラボ】実機で徹底!JavaによるWebアプリケーション編 について

本コースでは、会員専用のショッピングサイトを構築します。
ログイン機能、商品表示機能、商品購入機能など、機能を少しずつ作成・改良していき、実習問題1~10が完了すると会員専用のショッピングサイトが完成します。
所要時間は1題あたり1時間前後が目安です。

実習問題の流れは以下のとおりです。
※すべてクラウド上の実習環境に接続して行います。

1. 実習問題に書かれている仕様をもとに、Eclipse上でプログラムを作成します。

[実習問題イメージ]

イメージ

2. 作成したプログラムを実行し、動作確認のとおりに動作するか、チェック項目に従って確認します。

3. チェック項目のとおりに動作しなかった場合、デバッグのヒントを参考にしてプログラムを修正し、再度動作を確認します。

4. チェック項目のとおりに動作することを確認した後、次の実習問題へ進みます。


なお、Javaを基本から復習したい!という方は、2017年10月から新しくなった

【クラウドラボ】実機で徹底!Javaアプリケーション編(前編)

【クラウドラボ】実機で徹底!Javaアプリケーション編(後編)

もご一緒にいかがですか。
Webアプリケーション開発の前にJavaプログラミングを復習したい方、
Javaプログラミング自体に不安があり、問題をたくさん解いて自信をつけたい方、
さまざまな技術要素のプログラムを作成し、Javaプログラミングのスキルを向上させたい方、
この機会に是非、受講をご検討ください。
前編と後編で合計123問の実習問題をご用意しております。

クラウドラボの詳細、学習イメージについては、以下サイトをご参照ください。

◇ クラウドラボのご案内

 

 

今回のコラムのような皆様のスキルアップに役立つ情報や、お得なキャンペーン、無料セミナーなどのご案内情報を、メールマガジン(毎週木曜)で配信しています。
この機会にぜひご登録ください。

メールマガジン登録へ

 

月別アーカイブ