1. ホーム >
  2. ブログ ~人材育成最前線~ >
  3. 【いま、求められる人材】~迫る!SQL Server 2008サポート終了!~ 講師が教える新バージョン移行へのヒント

【いま、求められる人材】~迫る!SQL Server 2008サポート終了!~ 講師が教える新バージョン移行へのヒント

[2017年3月 9日]

みなさん、こんにちは。富士通ラーニングメディアでMicrosoftテクノロジーの講師をしている今井です。

今回は、データベースを取り巻く現状と最新のSQL Serverについてご紹介します。

2017年3月現在、SQL Server は2016 SP1が最新バージョンとして提供されています。
SQL Serverは、おおむね2年に一度新しいバージョンが提供されてきていますが、SQL Server 2008 やSQL Server 2008 R2のサポートが、『2019年7月9日』で終了する予定となっています。

そのため、そろそろ新しいバージョンへの移行などを検討される方も増えているのではないでしょうか。ただし、新しいSQL Serverへの移行といっても、ただデータを乗せ換えるだけではもったいないのです。

第二ラーニングサービス部 今井 敏裕(いまい としひろ)講師画像

Microsoft認定トレーナーとして多くのトレーニングを担当。
Windows Server(Active Directory 、Hyper-V、クラスタなど)、Windowsクライアント、SQL Server(~2016)、Microsoft Azure、Lync Serverなどのトレーニングを開発、実施してきた。
わかりやすく、受講後すぐにアクションにつながるトレーニングを心がけ、講師評価及びコース評価などで社内表彰を4年連続獲得。
2児の父として家庭との両立を図りながらも、たまに青いサイリウムを手に、某ライブに参戦している。

<[分析]という作業とSQL Server>

昨今のデータベースは、これまで以上の役割を担うようになってきていますね。
例えば、[分析]。アナリティクスやビジネスインテリジェンスと言ったりすることもあります。
これは、データをためるだけでなく、それを分析し、様々な戦略に役立てることを目的としています。
移行にあたってはこういった役割が求められることもあるかもしれませんね。

ただし、大まかに以下の様な条件を考えておく必要があります。データベースでの分析作業に求められること

ネコなんだか大変そう・・・。



そう、「大変」なんです。[分析]と聞くだけでも大変そうなのに、そもそものデータベース側の準備も大変です。

今までの業務の処理もやりつつ、「分析も」となると、「別のサーバーを作ります」とか「負荷的に無理です」とか「夜間に分析させて翌朝レポート出します」といったことになりやすいわけです。

こう言った条件に対して、MicrosoftがSQL Serverを通じて出した答えは・・・

インメモリOLTPの採用、計算に強いインデックス採用、SSDアプライアンスの提供、Operational Analytics

といった部分を段階的に強化しました。
これらは、高価なハードウェアに頼らなくても、より効率的に速く分析処理ができるようソフトウェアレベルで強力に支援してくれます。
また、チューニング済みのハードウェア[SQL Server SSD Appliance]では、SSDを採用することでハードウェアとソフトウェアの両面から高速化を強力に支援。小規模から大規模まで多様なラインナップが用意されています。

ネコ実は某有名Webサイトも、裏ではSQL Server SSD Appliance支えているみたいよ!


これら4つはあくまで代表的な強化点ですが、各バージョンで段階的に採用されてきました。
SQL Server 2016では、それらが最適化され、実用に耐えるものに進化してきています。

また、何より大事なのが、

ネコ既存のデータに追加で構成できるものも多い!

ということです。
従来のデータベースやテーブルの構成に追加することで、単純に高速化できる処理も多かったりします。
例えば、単純な集計や計算処理もカラムストアインデックスを使うことで大幅に高速化できる場合もあります。

<「速い速い」はどれだけ速い?>

カラムストアインデックスやインメモリOLTP(最適化)などは、データへの各種処理の高速化・高効率化に貢献する機能の1つですが、一言で「速い」といってもどのくらい速いのでしょうか。その結果の一端をお見せしましょう。

・カラムストアインデックスの動作確認
 約1000万件のデータが入っているテーブルに対してGROUP BYで集計をかけた場合です。

カラムストアインデックスの動作確認

明確な数字はライセンス規約上掲載できませんが、クラスタ化インデックスだけの場合に比べ、性能が大幅に改善しているだけでなく、サイズもコンパクトになっていることがわかります。

・インメモリOLTPの動作確認
 100万件のデータ追加時の実行時間を簡易的に測定した場合です。
 (ネイティブコンパイルストアドプロシージャ未使用)

インメモリOLTPの動作確認

データ追加において大幅に高速化していることがわかります。

これらの動作確認は、同じハードウェア、OS、SQL Serverなどすべて同一条件にて実施しています。
もちろん、前提条件、適材適所などしっかり確認は必要ですが、新しい技術を使えば一定レベルの性能向上が見込めるわけです。

ネコ新しい選択肢として考えることもできるね!



実は、上記の動作結果は弊社で提供している実習の一部を抜粋したものです。
実習では実際の実行時間をワークシートに記録しそれを持ち帰ることができるため、SQL Server 2016導入時のサンプルとして活用いただけます。

 SQL Server 2016 新機能と差分 (UCD31L) ※1日コース

また、以下のSwayコンテンツでは本研修の紹介も行っています。

SQL Server 2016 新機能と差分 コース紹介 -Microsoft Sway-


皆様のご受講を心よりお待ちしております。

【トピック】 「MCP教科書 Windows 10」を執筆しました!書籍表紙

Microsoft認定トレーナーとしてお客様から高い評価をいただいている今井が、このたび「MCP教科書 Windows 10(試験番号:70-697)スピードマスター問題集(翔泳社出版)」を執筆し、3月2日に出版されました。
さらに、4月8日(土)に開催される「丸かじりセミナー(無料、主催:株式会社翔泳社、日本マイクロソフト株式会社)」で講師を担当します。

月別アーカイブ