1. ホーム >
  2. ブログ ~人材育成最前線~ >
  3. サンクスカードによる社内風土づくり

サンクスカードによる社内風土づくり

[2012年10月 2日]

みなさんの組織では、社内風土づくりのために、何か取り組みをなさっていますか?

2011年12月15日にご紹介しました当社の「サンクスカード」活動。今日は、活動のその後について、あらためてご紹介したいと思います。

サンクスカード活動が始まった2006年当時は、名刺大のカードに手書きで書き込むスタイルでしたが、2011年には"電子版"サンクスカードが登場し、現在に至ります。

電子版サンクスカードは、Web上で相手に送信できるグリーティングメールのようなもので、38種類のイラストから好きなカードを選択し、メッセージを書き込むことができます。

当初、イラストは30種類が用意されていましたが、現場から『自分たちで作りたい』という声が上がったことを受け、2011年の年末に、社内で絵柄コンテストを行いました。

コンテストでは、応募作品に社員が投票。上位8作品を電子版サンクスカードの定型絵柄として採用し、今年1月から活用をスタートしています。

自分たちが選んだ絵柄が使えるようになったことで、いっそうサンクスカードを送る人が増えました。

                 <一番人気のあるイラストです>

20121002_tora_2

また、本活動の開始当初は、事務局が活動を促していましたが、今では「仕事のプロセスの中で自然にカードを送りあう文化」が出来上がってきているように思います。

感謝の気持ちが心と心をつなぎ、讃える気持ちがやる気を生み出す、サンクスカード。

今後もサンクスカードの活動を通じて、「1人1人が明るく、元気で、前向きに、楽しく働ける」という社内風土づくりに努め、『このような変化がありました』と、みなさんに報告できるようになりたいと思います。

みなさんの組織でも、社内風土づくりのために取り組みをなさっていることがあれば、ぜひ教えてください。

月別アーカイブ