1. ホーム >
  2. ブログ ~人材育成最前線~ >
  3. ~伝えてますか?感謝の気持ち~当社サンクスカード活動のご紹介

~伝えてますか?感謝の気持ち~当社サンクスカード活動のご紹介

[2011年12月15日]

皆様の職場では、感謝の気持ちをどのように伝え合っていますか?

当社において、「一人ひとりが明るく、元気で、前向きに、楽しく働ける」風土づくりで効果をあげている、サンクスカード活動をご紹介します。

サンクスカードとは、社員同士で感謝・讃える気持ちを手書きで書いて、相手に手渡すための名刺大のカードです。

20111215_02_2 2006年から始めたこのカードは、社長、役員含め、当社で働くすべての人が書いており、活動5年目を迎える現在は、毎月約2,500枚(6.0枚/人)の交流があります。

今年から、"電子版"サンクスカードも開始しました。
Web上で、30種類のイラストから好きなカードを選択し、メッセージを書き込み、グリーティングメールのように相手に送信します。
本社以外の事業所間ともスムーズにやりとりができるため、今では用紙のカードよりも利用されています。

<サンクスカード活動がもたらすもの>

◆感謝の気持ちが心と心をつなぐ
いろいろとお話することができて、本当に良かったです。私のことをすごく考えてくれていて嬉しいです
(新人からトレーナーへ渡されたメッセージ)

当社のサンクスカード活動は、一人ひとりが、この活動に共感して取り組むことを大切にしてきました。
これは、心と心の交流を育てていきたいという思いからです。
サンクスカードの交流で、人と人のつながりが広がり、会話が増え、コミュニケーションがしやすくなりました。

◆讃える気持ちが、やる気を引き出す
弱音を言わず、いつも前向きに仕事に取り組んでくれて、本当にありがとう!
(上司から部下へ渡されたメッセージ)

サンクスカードを使うと、小さなことでもさりげなくほめることができます。
上司と部下、仲間同士で、「さすがだね!」、「素晴らしい!」と讃える気持ちをカードという形に
して伝えることで、やる気や元気を生んでいます。

◆気づきの力、感性を磨く
自分たちの行いが意味のあることに気づかせてくださり、心から感謝いたします!
(相談に乗ってくれた他部門の人へ渡されたメッセージ)

サンクスカードを書くには、相手のことを理解し、良い所を感じることのできる気づきの力、感性が必要です。
サンクスカード活動に寄せられた「社員の声」を見ると、サンクスカードが、一人ひとりの気づきの力、感性を磨くことに役立っていると実感できました。

<社員の声>
・自分から感謝を形にして伝えることで、なぜか気持ちよく働けることを発見しました!
・前工程や後工程の人へも目が向くようになり、業務プロセスへの理解が深まった
・もっと相手に気持ちの伝わるメッセージを書けるようになりたい
・力を合わせて一緒によい仕事を創っていくことへの、嬉しい気持ち、楽しい気持ちが心の中にあふれてくる

<個人と組織の成長を促す風土 ~心と心のつながり、やる気、気づき、感動~>
カードに書かれたメッセージや、社員の声を見ると、サンクスカード活動は、社員のマインドを豊かにし、「心と心をつなぎ、喜び、嬉しさ、楽しさが感じられる風土」をつくり、組織の活力を高めることに役立っていることが分かります。
また、やる気を喚起し、気づきを促し、感動を与える、本活動は、個人と組織の成長のきっかけを与えてくれています。

皆様も、身近な方に、日々の感謝の気持ちを伝えてみてください。何かが変わるかもしれません!

20111215__5

月別アーカイブ