1. ホーム >
  2. ブログ ~人材育成最前線~ >
  3. 2010年8月記事一覧

2010年8月記事一覧

「熊大通信」は、2010年8月~10月に掲載した記事を、再度お届けするものです。

佐藤こんにちは、佐藤です。
暑い暑い」と毎日言っている気がしますが、気がつけばもう8月も終わりですね。
9月になれば少しは過ごしやすくなるかなと期待する一方、東京では9月から小中高校が一斉に始まるため、また朝の電車の混雑が厳しくなると思うと少し憂鬱でもあります(苦笑)。
季節の変わり目ですので、読者の皆様も体調には是非気をつけてお過しください。

さて、『熊大通信』も今回で3回目です。
今回からは熊大で学習した内容や得た気づきを元にした情報を発信していきます。
主にID(インストラクショナル・デザイン)に関わる内容を発信して行く予定ですが、今回はIDの方法論や具体的活用法の前にまず「なぜ教育を行うのか」について少し考えていただきたいと思います。

【なぜ教育を行うのか】

なぜ企業は社員に教育を行うのでしょうか。
「特定のスキルを身につけさせたい」「定められたプロセスの一部として教育を実施したい」(例えばPマークを取得した企業ならば個人情報の取り扱いに関する教育を行うことがプロセスとして組み込まれている)など理由は様々だと思いますが、共通して言える事は「教育をすればできるようになるという期待を持っていることではないでしょうか。

例えば、教育担当の方ならば学習内容や予算範囲を考えて「こういう教育をやればできるようになるだろう」と教育を企画しますし、教育設計者は学習目標や教授方略を考えて「こういうふうに教えればできるようになるだろう」と教育を設計します。

教育担当者の方は、(もちろん意識していらっしゃる方もいらっしゃると思いますが)割と意識をせずに「こうすればできるようになるだろう」と教育を企画・設計することが多いと感じています。

しかし教育をシステマチックに考え、より効率的、効果的に行ないたいと考えると、教育に対して無意識な期待をするわけにはいきません。
どうして教育をするとできるようになるのか、教育をしてもできないことがあるのはなぜかを考え、できるようになるための改善策を練る必要があります。

【キャロルの時間モデル】

教育をシステマチックに考える際に、とても参考になるのがJ.B.キャロルの時間モデルです。
キャロルは学習率(教育の成果=どれだけできるようになったか)が、学習者の目標達成に必要な時間に対して、実際にどれだけ学習に時間を使ったかの割合で表現できるとして、次の学習率の式にモデル化しました。

        学習に費やされる時間
学習率 =――――――――――――
         学習に必要な時間

そして、キャロルはこの学習率の式を基本としつつ、この式に影響を与える要因として、学習に必要な時間を左右する要因三つと、学習に費やされる時間を左右する要因二つを次のように定義しました。

 
学習に必要な時間を左右する要因:

課題への適性 ある課題を達成するために必要な時間の長短。課題に対する素質だけでなく、前提知識や関連知識にも影響される。
授業(教育コンテンツ)の質 課題達成に掛かる時間を短縮するための仕組み。
授業理解力 授業の質の低さを克服する力。授業の質に対する素質とも言える。


学習に費やされる時間
を左右する要因:

学習機会 ある課題を達成するために用意されている学習時間。どれだけ教育時間が確保できるかに影響される。
学習持続力 与えられた学習機会のうち、集中して学習に使われた時間の割合。学習意欲や授業への適正に左右される。


以上の五つの要因を学習率の式にあてはめると次のようになります。

             学習機会×学習持続力
学習率 = ――――――――――――――――――――
         課題への適性×授業の質×授業理解力


【時間モデルから考えられること】

学習率、つまり学習したことでどこまでできるようになるかを個人の才能や能力と考えず、教育の成果を高めるために学習に必要な時間を分母の要因に注目して減らす工夫と、学習に費やされる時間を分子の要因に注目して増やす工夫ができると考えるのがキャロルの時間モデルです。

時間モデルに基づいて教育を考えることで、「なぜ教育をするのか」、「教育をより効率的、効果的にしたいと考えた時に時間モデルのどの要因にアプローチすればよいか」を整理することができるようになります。

教育ベンダーに勤める社員としても、教育に携わる個人としても、時間モデルの考え方は教育に携わるモチベーションとなっています。

今後の連載では、時間モデルの要因(主に「授業(学習コンテンツ)の質」、「学習持続力」など)に対して、IDの観点からの具体的なアプローチ(分析方法や改善策)についてもご紹介していきます。

次回はeラーニングのメリット・デメリットや導入に失敗してしまった事例からeラーニングを効果的に使うにはどうしたらよいかを考える予定です。どうぞお楽しみに

「熊大通信」は、2010年8月~10月に掲載した記事を、再度お届けするものです。

千葉こんにちは!千葉です。
東京は連日猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
お客様と直接お話できる営業職は楽しいですが、この時期ばかりは
「ずっと社内に居れる仕事が羨ましい...」「夏休み半月くらい取っちゃおうか...」などと
ちょっとイケナイ事を考えちゃいます(笑)。

さて、先週より始まりましたシリーズ『熊大通信』、2回目の今回はeラーニング大学院である熊本大学教授システム学専攻の学習の仕組みをご紹介いたします。
eラーニングを上手に活用した一事例としてご覧頂ければと思います。

【学習の仕組み】

教授システム学専攻は"インターネット大学院"をうたっており、修士・博士共に、基本的にはeラーニングを含めたインターネット上のやり取りだけで卒業が可能です。
とても判りやすいイメージ図なので↓に引用していますが、"LMS(LearningManagementSystem)"・"テレビ会議"・"VOD(VideoOnDemand)"など、多方面での学習・指導形態があり、その時々で使い分けて指導頂いています。

熊本大学大学院教授システム学専攻より引用。

 

勿論、熊本や東京(田町)キャンパスや各種学会で指導を希望することも可能ですし、夏・冬にはゼミ合宿(熊本開催・任意参加)が開催され、夜通し熱い議論が交わされると聞いています。
私は今夏初参加ですが、楽しみなような怖いような・・・。

【進捗状況チェックの為の仕組み】

学習は先ほどの"LMS"・"テレビ会議"・"VOD"3つを中心に進めるのですが、その他に学習の大きな支えとなってくれるのが、履修中の全科目の状況が一目でチェックできる"教授システム学専攻ポータル"です。

  ※教授システム学専攻ポータルより引用。

 

現状把握ができる仕組みがないと、「あと何をやれば終わるのか判らない」「今どこまで終わってるのか把握するのが大変」という事になってしまいますので、学習進捗管理を代わりにやってくれる専攻ポータルには日々お世話になっています。

余談ですが、↑図の「超過」と書かれているマスは"期限が過ぎているのに学習、または課題提出ができていないところ"です。
これを終わらせないと私の夏休みが来ないので、頑張ります!

 

【学習・議論・レポート提出を行うLMS "BlackBoard"】

学習は "LMS"である"BlackBoard"上で行います。
講義・テスト・課題(提出・添削)・ディスカッションなど、色々できますが、特筆すべきは掲示板機能を用いたディスカッション!

※eラーニング概論"第2回eラーニングとは何か"より引用。

課題を提出した後、他人の課題にコメントをつけることが求められている科目が多く、教員も一緒になって議論が白熱し、時には10個以上のコメントが付く大激論になる事も・・・。
非同期の掲示板方式なので、繁忙期でも安心して、自分のペースで楽しく議論できています

 このように様々なツールを活用して、日々講義を受けたり、議論をしたり、課題を提出して教員からのチェックを受けたりと、忙しいながらも、充実した大学院生活をエンジョイしております。

次回からはいよいよ、"インストラクショナルデザイン(ID)"のエッセンスや、eラーニングの有効な使い方など、"人材育成の勘所"の話になっていきますので、お楽しみに★

 

「熊大通信」は、2010年8月~10月に掲載した記事を、再度お届けするものです。

当時、熊本大学大学院・修士課程にて学んでいた当社社員が、11回に渡ってお届けしていました。

同社員が、2012年3月に修了したことをきっかけに、
2012年8月2日から新しくチャレンジの連鎖から世界が広がる(社会人修士体験記)」を掲載します。

その関連記事として、熊大通信を再度掲載しました。よろしければお読みください。

------------------------

第1回:「熊大通信」を開始します!(2010年8月17日号)

はじめまして。企画・マーケティング担当の佐藤です。

ソリューション営業の千葉です。

今まで本ブログで、人材育成の現場でのお話や、技術動向のお話を中心に、コースの紹介など当社社員の様々な取り組みをご紹介してきました。
さらに今回からは教育設計手法と教育現場における活用法をご紹介していきます!
 
お客様に良質のサービスを提供するために、どのような取り組みを行っているのか。また、教育研究の分野では、今どのようなことが話題か、などを発信していきます。
 
これから毎週火曜日更新の連載でお届けしてまいりますのでよろしくお願いいたします。

【インストラクショナルデザイン】

皆様はインストラクショナルデザイン(ID:Instructional Design)という言葉をご存知でしょうか?

IDとは教育設計、つまり、より学習効果の高い学習環境を設計(デザイン)するための考え方です。

このIDの理論やモデルを使って学習環境の分析・設計・開発・評価などを行う人をインストラクショナルデザイナーと言い、アメリカでは専門職として地位が確立されています。

IDは日本でもここ5年~10年の間で徐々に企業や教育機関で普及してきており、教育に携わる方は知っておいて損はないキーワードです。

(ご参考)
Wikipedia - インストラクショナルデザイン

 

【熊大教授システム学専攻】

このIDの専門職を日本でも養成するため、平成18年に熊本大学大学院に教授システム学専攻が設置されました。

教授システム学専攻では、学習環境としてeラーニングに着目し、教育効果・効率・魅力の高いeラーニングを開発・実施・評価できる高度専門職業人の養成を目標としています。

当社ではお客様に最高水準の知のサービスを提供するため、この教授システム学専攻に毎年度社員が就学し、最新の学習理論(心理学)やメディア、情報技術などを学んでいます。

今年の4月には私と千葉が教授システム学専攻に就学いたしました!

ちょうど1年次の前期過程が終了するにあたり、振り返りも兼ねて私たちがどの様なことを学んでいるのか、最新のID理論、教育研究の情報などをお伝えして参ります。

題して『熊大通信』。お楽しみ頂ければ幸いです。

(ご参考)
熊本大学大学院 教授システム学専攻 

 

【自己紹介】

最後に、熊大通信を担当する2名の簡単な自己紹介と熊大通信への意気込みを語りたいと思います。

佐藤佐藤:熊大通信を担当させていただきます佐藤です。
IT研修講師、Webアプリケーションのフレームワーク開発職を経て、現在は企画・マーケティング業務を担当しています。

日頃からお客様にとってより良い学び(集合教育やeラーニング)を提供するには、提供するサービスや学習コンテンツを正しく公正に評価できることが大事だと考えています。
ID(主に学習評価)について学ぶことでお客様の目線に立った学習評価ができるようになると考え、4月から教授システム学を専攻しています。
IDの理論を誰でもわかる言葉でご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

千葉千葉:同じく熊大生の千葉です!
当社ではWebアプリケーション開発の新人研修講師を経て、現在は流通系(百貨店・運輸など)のお客様を中心に営業としてお付き合い頂いております。

ソリューション営業のメインミッションは「お客様の問題解決」だと常々思っており、その為の学問的裏づけや手法・理論などの手材料を増やしたいという想いから通学を決めました。
皆様方の日々の人材育成に関する疑問や問題意識を掘り下げ、学問的見地から解決策を探すということを念頭に、今すぐ役立つ情報をご提供していきたいと思います。

佐藤千葉: 『熊大通信』をお楽しみに!

月別アーカイブ