KnowledgeC@fe の活用方法

KnowledgeC@fe は人財育成におけるさまざまなシーンでご活用いただけます。

活用シーン1:営業スタッフに商品知識を身につけさせたい

【悩み・課題】・新商品説明会への参加希望は多いが、直前キャンセルも多い・商品のセールストークやお客様の反応をチームで共有し、成約率を高めたい・お客様の声を開発部門にフィードバックして、次の開発に役立てたい【導入効果】新商品セールスへの営業スタッフのモチベーションが以前よりアップした・自身の経験や知をお互いに持ち寄り、みんなで成長する文化が醸成されてきた・営業・企画・開発の、部門を横断した取り組みがヒット商品を生んだ

活用シーン2:内定者へのフォローを効果的に行いたい

【悩み・課題】・内定者が不安なく入社までの期間を過ごせるようにしたい・入社前に最低限の知識を収得させておきたいが、知識レベルがバラバラ・内定者同士の交流の場を提供したいが、遠地の者もいるので配慮が必要【導入効果】・ビデオで会社の雰囲気が伝わりミスマッチを早期防止、離職率が低減した・内定者の知識水準をボトムアップでき、新入社員研修がスムーズに進んだ・内定者同士がお互いをよく理解しており、入社時から高い仲間意識があった

活用シーン3:資格認定者に情報交換の場を提供したい

【悩み・課題】・資格更新に複数の研修受講が必要な認定資格を作ったが管理運営が煩雑・研修を開催できる回数が少ないため、都合がつかず出席できない人がいる・資格認定者同士で成功談・失敗談を共有するなど互いに切磋琢磨してほしい【導入効果】・研修申込受付やメール連絡などの運営負担が大幅に削減された・参加者が知を持ち寄って互いに教えあい学びあう活発なコミュニティができた・資格認定者が提供するサービスの質が高まった

活用シーン4:研修管理業務の負荷を軽減したい

【悩み・課題】・研修申込関連のワークフローがわかりにくく、煩雑になりがち・受講者のやりとりがメールや電話のためミスが多い・Excelで管理しているが、研修受講状況を把握しきれない【導入効果】・研修事務手続きがシステム化され、負荷軽減/コスト削減につながった・受講者へのきめ細やかな配慮やフォローができるようになった・従業員の研修実施状況が迅速かつ容易にわかるようになった